い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/05/20(火) 18:21 サンデーGX
「週刊ヤングサンデー」が休刊するって、マジか!?
小学生の頃から愛読していた雑誌なのに…
連載作品の扱いも気になるトコロ。
やはりコンビニにもそんなに置いていないし、きびしかったのか。


さて本日は「サンデーGX」6月号の感想を。


[神様ドォルズ]
過去編、終了。
カラーで描かなきゃいけないのは、トイレから出てきた詩緒じゃないでしょ。
トイレの中の詩緒でしょ。

…って、何言ってんだ、私は…
何かに毒されてきた感じか?(何を今更!


阿幾が暗密刃を取り戻したコトや、詩緒が玖吼理に選ばれたシーンを見ると、案山子にも意思みたいなモノがあるのだろうか。
あー、まぁ、暗密刃はツンデレで、玖吼理はガラ悪というのは、GX読者なら既知だとは思いますが…

阿幾は、この村の体質そのものを壊そうとしていたのだろうか。
匡平と2人でなら出来ると考えていたのかもしれない。


今回、ネタページはお休みで、代わりに”ブラック・ラグーン”作者、広江氏とやまむら氏との対談が掲載されています。
内容は、おっぱいとぱんつ。


[今月の詩緒]
過去編なので、変わらず詩緒の赤面シーンはなし。
だが、今回は、詩緒が隻になった決定的瞬間があったりと、前2回よりも出演度は高い。
そんな訳で、今回の1枚はこんなシーン。

DSC05439.jpg
玖吼理と詩緒

詩緒が、玖吼理に襲われているシーンですね、性的な意味で。
詩緒の純潔は、既に神様によって奪われていたという、衝撃のシーンですよ!
要するに、詩緒と玖吼理は、身も心も繋がっていた、と。


※解っているかとは思いますが、表現には多分にウソが含まれています。


[ぐりまる]
藤原先輩って、そういうポジションなのだろうか。
どう見ても巧くいきそうにはないのだが…

次なる悪魔が、雪野に接触!
だが、ぐりまるは遠い空…
どうなるのかな?


[コイネコ]
皆、必死になってミイコを猫に戻すまいとしているのだが、別にコイネコになれなくなっても問題ない気がするのだが。
ただまぁ、今回の騒動が、今後の伏線になっているのかもしれないとは思う。
つまりいずれナオがシンタのコトを忘れる。ナオが単なる猫に戻ってしまう日が来る。
そしてシンタは、コイネコに戻そうと奔走する…

っていうエピソード(要するに最終エピソード)を描こうとして描いているのかも…。という気はしないでもない。

ただまぁ、ナオがシンタのコトを忘れるっていうのは想像できないが。


[ジェネコミ応援団]
第9巻の発売を記念して、楠桂氏のお姉さん、登場!
私は、楠氏の作品はそれなりに読んでいるのだが、大橋薫氏の作品はそんなに読んでいないんですよねー。
しかし、今回楠氏が描いているヒロインが出てくる作品は読んでいたので、問題は無かった。

流石に双子ダケあってか、絵柄は似ていると思いますね。


[ガールズザウルスDX]
スピリチュアルザウルスって、美月のコトだろう!?
アレを見ていたら、女性恐怖症になってもおかしくないですよ(マンガ違うから

さて今回は各人の守護霊の話。
金山さんが年中発情期なのは、守護霊の仕業なのか?
年中発情期だからあんな守護霊が憑いたの間違いではないのか?
しかし、守護霊は、スタイル抜群なのに…
本体は貧相なのが、せつねーな。

蛍の守護霊は納得だ。
ドジばかりの蛍が、周りには被害を与えるクセに、自分が無傷だったのは、こういうカラクリがあったのか、と。

知立、遂に自分の想いに気づく?
だがしかし、身体の方は、正直だった!?
まさか、気持ちを認めたダケで血を吐くとは…
しかし、実は、遥の守護霊に襲われたダケだというオチになる気がするんだよなぁ。
後、この展開は最終回付近という可能性も高いのだが…。さて?


[エンジェル高校]
ハルのフラグが立ったと見て間違いないでしょうな。しかもツンデレ状態。

前回の展開から考えて、ルキオに何かしらの属性が目覚めると思ったのだが…
まだ、完全に発現するまでには至っていないというコトなのだろうか。
ただ、ハルの熱を下げたのだし、手が光っている感じがしたので、何かしらの属性備わっているみたいだが。
まぁ、こういう場合、主人公特権で特殊な力だったりする可能性もあるしね。

やはりルキオは昔の出来事を忘れているみたいだ。


[メルカノ。]
カケルよ…
詐欺にひっかかって怒っている場合じゃないぞ。
オマエのメール文もリッパな詐欺レベルだぞ。

そしてその詐欺メールにひっかかる詐欺グループの女の子…
もう、メールジゴロと呼んでもいいよね。

そして、犯人の女の子からきたメールに嫉妬しているハルカ。
嫉妬しているというコトは、まだ想いが残っているというコトなんだが…
カケルがソコに気づくのはいつになるコトやら。


[REC]
カラーで、振り返り…
初めての夜から、セカンド・ナイトが遠いですねー。
っていうか、振り返りもやったコトだし、カラーでもあるコトだし、遂に2度目が訪れるのかとも思ったのだが…

松丸、出向でアニメ学校のCM作りか。
赤も臨時講師として同じ学校で働くようだし、やはりCM起用は規定路線か?
しかし、赤は講師なんかしている場合ではなく、自分が勉強する立場なのでは?
まぁ、教えると、自分のレベルアップも出来るケドね。
教えられれば、の話だが。


[ラブぱーる]
汗フェチって…
何というマニアック。
だがしかし、私としても?
スポーツして汗をかいている健康美な女の子は好きですが。
汗自体が好きな訳ではないですからね?

福家エミリのドコが地味なのだろうか。
充分に濃いんですケド…
後、顔が怖い。


[CODE-EX]
克紀の言葉で、自分を取り戻す由真。
こういうの、イイなぁ。

そして自分の能力が、おそらくは初めて人の役にたった。
いらないと思っていた能力で、人を助けるコトが出来た。
こういうのは大切なんだろうな。

そしてそういうコトも相まって、ラストシーンはとっても良い。
そして次回で最終回みたい。


[スピリチュアルぱらだいす]
ハリー・フーディーニという人物が実在し、いろいろと功績を残したのは解った。
だがしかし、小野寺氏に描かせると、マザコン変態○チガイにしか見えないのは何故だろう…
この人に実在した人物を描かせてはダメだと思うのだが…
いや、最後でフォローされている感じではあるのだが、その前の描写が強烈すぎるので、あまり意味を成していない…


[新吼えろペン]
あー、もしかしてネプチューン、失墜フラグか?
しかし、ぱみぱがネプチューン状態になるフラグも同時にたった様な。
ただまぁ、三葉虫プレジデントがヒットするかどうかは未知数だが。

だが、最後を見ると、結局は炎尾が1人勝ちしてしまう気もしないでもないなぁ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「オー スーパージャンプ」6月号の話 週間マンガ感想第3回
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。