い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2006/04/17(月) 04:46 ”こち亀”トリビア
さて、マンガには独自の時間軸というものが存在します。
例えば名作”めぞん一刻”だと、現実とリンクして年が過ぎてゆき、それに合わせて、きちんとキャラも年を取っていきます。
対して”うる星やつら”だと、毎年毎年同じ学年を繰り返します。
たとえ何回クリスマスやら、バレンタインやらをやろうとも一向に年を取りません。

さて、ここに「週刊ジャンプ」が誇る長期連載マンガ”こち亀”が有ります。今年で何と30年を数えます。30年間1度も休載はありません。同誌で連載中の誰かさんに見習わせたいです。

さて、このマンガの時間軸はどうなっているのでしょうか。
長期連載という事で、何度もお正月や、クリスマス、さらには毎年、両津の誕生日ネタがあります。
しかし、キャラは一向に年を取っている気配がありません。
いったい、両津は何歳なのか。
今回は”こち亀”トリビアと称して、そこを検証したいと思います。

え?単に知識を披露したいだけだろうって?
あえて否定はせんよ。

だってマニアってのはそういうモノだもの。


さて、133巻収録の「おしえて両津先生派出所七ふしぎ」の回で、子供達が両津に”こち亀”の質問にきます。
「何で両津はクビにならないの?」とか、「このマンガはいつ終わるの?」とか聞きまくります。

そんな中でこの質問が。
DSC00988.jpg
両津達に対し、年齢を聞きます。


さらに、
DSC00989.jpg
連載開始時から26歳年を取っているはず、とツッコミを入れます。

それに対し、両津が反論をします。
曰く「マンガの時間は現実と違う」・「作者の都合で変わる」・「時空の歪がある」等々。


そしてついには
DSC00992.jpg
その事には触れてはいけないとまで言います。
まあ、正論ですが。


それでも食い下がる子供に対し中川と麗子が年齢を暴露します。
DSC00993.jpgDSC00994.jpg


モザイク付きで。
これでは読者は解りません。


しかし両津の年齢はモザイク無しです。
DSC00995.jpg
年齢は18歳となっています。
当然ギャグですが。


さて、両津の本当の年齢はいくつなのでしょうか。


ちょっと古い巻になって、ここに15巻があります。
その中の「友人代表」の回に以下のコマがあります。
DSC00984.jpg
両津の年齢は36歳だった!
ちなみにこれは第12刷のモノです。


これが第56刷になると
DSC00986.jpg
何と年齢の部分が削除されています。

これこそ、正に作者の都合で時空の歪が発生したというコトでしょう。


こうして両津の年齢は不明になったかと思われましたが、そこは長い”こち亀”のコト。時空の歪が発生していないシーンもありました。

それが18巻の「初日の出」の回。
DSC00987.jpg



両津の年齢は37歳というコトです。

昔はちゃんと年を取っていたんですね。
ちなみにこれは55刷のモノです。
未確認ですが、今でも修正はされていないと思います。

※追記
コメント蘭にて情報をいただきましたので追記します。
31巻「思い出写真」の回にて、部長が両津の卒配当時を思い返すシーンがあります。
DSC00996.jpg
その時19歳だった様です。

で、最後に部長がしみじみと一言。
DSC00997.jpg
それから20年近く一緒だそうです。
つまり、38~39歳くらいとなり、18巻で37歳という事を加味すると39歳となる訳です。
画像は61刷のモノです。現在も削除はされていないと思います。

まさひこさん情報、有難うございます。
まさひこさんのサイトこちら葛飾区亀有公園前派出所データベースです。すごいの一言です。

[おまけ]
余談ですが大原部長の孫とか、たばこ屋の洋子とか、作中で年を取っているキャラも存在しています。
これもまた時空の歪の影響です。


[最後に]
この”こち亀”的トリビアは今後も続けていきたいと考えています。
理由は私が知識をひけらかしたいからです。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:6   トラックバック:1
最新携帯電話事情――――”090えこといっしょ。”1巻 ”グローランサー5”体験版
コメント一覧
T@
んー、まあ、触れていけないものもあるってことですね
作中でちゃんと年取ってる人間がいるといつかずれがくるよーな希ガス
それにしても百冊越えはすごいですよな、尊敬できますよこの作者(名前覚えてなし
次回も楽しみにしてますよw
ではでは
URL 【 2006/04/17 19:49 】 編集
まさひこ
あと、31巻「思い出写真の巻」で「20年前に19才だった」事が語られてます。
「友人代表!の巻」はジャンプ1979年26号、
「初日の出!の巻」は1980年3・4合併号掲載。
「思い出写真の巻」は1982年39号掲載なので、両さんは1943年生まれと考えると辻褄は合いますね。
今年で63才という事になりますが(笑)。

え、なんでそんな事まで憶えてるかって…だってマニアってのは(略
URL 【 2006/04/18 00:02 】 編集
名無しG
>T@さんコメント有難うございます
”こち亀”の作者は秋本治氏です
作中で年を取るのはいいのですが
”こち亀”くらい続いているとズレは必至ですね
次回のネタは考えてあるのですが時期は未定です

>まさひこさんコメント&情報有難うございます
この記事を書くにあたって全巻読み直したのですが
見落としが多々あった様ですね
まだまだ甘かった……
ってかデータベースすごいですね
URL 【 2006/04/18 00:32 】 編集
ななし
秋本カトリーヌ麗子
URL 【 2008/11/15 00:47 】 編集
名無しG
>ななしさんコメント有難うございます
ソレは麗子のフルネームですね

そういえばこのカテゴリーの更新が止まったままだ…
次回の更新はいつになるのかな…
URL 【 2008/11/19 04:22 】 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
【 2014/08/07 18:42 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
トラックバック
← 人気Blogランキング[今週13位]
こち亀
「...キャラも年を取っていきます。対して"うる星やつら"だと、毎年毎年同じ学年を繰り返します。たとえ何回クリスマスやら、バレンタインやら、やろうとも一向に年を取りません。さて、ここに「週刊ジャンプ」が誇る長期連載マンガ"こち亀"が有り 」
【 2006/04/17 10:13 】