い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/05/22(木) 10:38 その他のマンガ
プロ野球では、オリックスのコリンズ監督が辞任した。
羨ましい。
横浜もバ監督がサッサと辞任すればいいモノを。
今のままでは、今季終了後にエースが逃亡するのが目に見えているのですが…
やはり暗黒期か。


さて本日は「コミックマーブル」Vol.6掲載の”あまガミ”第5話のレビューを。
コミックマーブル
竹書房刊


[感想バックナンバー]
1話レビュー
2話レビュー
3話レビュー
4話レビュー


[ストーリー]
さて前回のラストで登場した新しい天神。
やはりというか何というか。

DSC05459.jpg
新たな天神

天に恨みがあるみたい。
名前は天神旋(あまがみ・めぐる)というらしい。
積年の恨みとやらを晴らすべく、荒吐高校の不良軍団と共に、天達の高校に襲撃をかける算段をしていました。


そんなコトとは知らない神楽クン達は。

DSC05460.jpg
その頃の神楽クン達

生物(いきもの)部の部長と動物の世話をしていました。
前回、牛がいるコトが判明した訳ですが、馬やら豚やら羊やらもいました。
生物部部長(以下、明日見)が言うには、荒吐高校の農業科廃止になった年に、校庭に捨てられていたらしいです。
どう考えても荒吐高校が捨てたとみて間違いなさそうですが、捨てられたダケ、マシなのかもしれません。
捨てるくらいならサバいて、焼肉パーティだろ…

さて、神楽クンと縁が動物の世話をしている頃。
天はというと、部員の勧誘をしていました。

DSC05461.jpg
何の勧誘ですか?

「一揉みどうじゃ!?」などと聞いていますが、揉むのはあくまでも天の方ですので「一揉まれどうじゃ?」の間違いではないかと思うのです。
天のおっぱゐ好きは有名らしいので、声をかけられた女子生徒達は、こぞって逃げ出しました。
この高校には、ユリな女の子は縁しかいないのか…?
いや、自分が揉む方だったらOKなのか?
その辺りの興味は尽きません。

ちなみに天は、女子生徒にしか声をかけません。
生物部は明日見、神楽クン、縁、天しかいないのですから、男が入部すればハーレム状態なのに…
まぁ、天の存在がネックなのは間違いないのですが。

そんな感じで勧誘という名のセクハラをしながら校舎を巡っていると、なにやら不審な人物に出くわします。

DSC05462.jpg
明らかに不審

荒吐高校の生徒ですね。
天神は、鳥居から鳥居(描いてあるモノでも可)への移動が可能なのです。
で、旋は、八束高校に乗り込む第1段階として、屋上に鳥居を描かせる為に、1人送り込んできたんですね。
こうして、旋以下、荒吐高校の不良一同が、八束高校に乗り込んできてしまいました。

DSC05463.jpg
ゾロゾロと

積もり積もった恨みがある旋は、天を見るなり攻撃開始。
さらに不良軍団に命じて、天が祭られている社を攻撃。

DSC05464.jpg
社破壊

社というのは、天神にとって力の源の様なモノで、社が破壊されると、力を失って消えてしまうらしい。
社を攻撃された天は、力が弱まり、旋の前に敗北。

DSC05465.jpg
屋上から落とされた

さて、神楽クンたちは、動物の世話をしていたのですが、ソコに旋にヤラれた天が落っこちてきました。
もはや動くコトすらままならない天は、社を守るのを神楽クン達に託します。

DSC05466.jpg
力を与える

天の分魂を授かった神楽クンたちは、天神の眷属となり、天神の力を得て、戦える様になりました。
が、しかし。

DSC05467.jpg
天の眷属になった

神楽クン達は、動物の世話をしていました。
その時に分魂を授けられた結果、動物も一緒に眷属になってしまったのです!
縁は牛、明日見はウサギ、そして神楽クンはハムスターです。

っていうか、縁と明日見の2人を差し置いて、男である神楽クンが1番カワイイっていうのは致命的ではないのか?
まぁ、女性2人は、カワイイというよりもセクシー路線なので一概には比べられないかもしれませんが。

こうして荒吐高校の不良軍団を倒しに向かいます。
ただ、縁と明日見はまだしも、神楽クンは既に戦力外ですがね…


その頃、荒吐高校の不良軍団は。
社をあらかた壊し、火まで放っていました。
そして次は、校舎まで破壊し始めました。

DSC05468.jpg
校舎を破壊する不良達

最早暴徒ですね。
警察沙汰になってもおかしくは無いっていうか、逮捕されると思うのですが…
そんな感じでイキがっている不良軍団の前に、颯爽と立ち向かうヒーローが!

DSC05469.jpg
サマになっていない気が…

縁と明日見です。
天の眷属になった縁と明日見は、不良軍団をバッタバッタとなぎ倒していきます。

DSC05470.jpg
明日見の蹴り


DSC05471.jpg
縁の突き押し


さて、不良軍団を縁と明日見に任せ、戦力外の神楽クンは、一路屋上へ。
すると、天の社は燃えていました。
何とか火を消そうとするも、ハムスター形態の神楽クンには成す術がありません。
何とかホースで水をかけるも、そんな目立つコトをした所為で、屋上に残っていた旋に見つかってしまいました。
攻撃を受ける神楽クンですが、当然何も出来ません。
しかし、旋の攻撃の余波で、社の炎は消え去りました。


社の炎が消えたコトで、天はそれなりに復活。
天神と戦えるのは、天神のみ。
しかし、衰弱しきっている今の天では負けは必至。
その時、天の頭に考えが閃きました。

DSC05473.jpg
冥土の土産ですか?

前回、初めて牛乳を飲んだ天が、力が暴走し手が付けられなくなったのを憶えていますでしょうか。
そうです。
天は牛乳を飲めば力が戻ると考えたのです。
そして縁は牛と合体してしまいました。
即ち、縁のおっぱゐを飲めば力は戻る!?

DSC05474.jpg
表情がグッド!

始めはイヤがっていた縁ですが、天に開発されてしまっていた身体は正直だった…

…か、どうかは不明ですが、天におっぱゐを吸われるまでに至ってしまった縁。
ドンドン堕ちていくなぁ。
っていうか、牛と合体したとはいえ、乳が出たのか。
つまりはアレだな?搾乳プレイも可能である、と。

こうして天は完全復活!

DSC05475.jpg
完全復活

遂に対峙する天と旋。
ちなみに場所は屋上。
野外なので、当然、風が…

風が…


DSC05476.jpg
イ・タ・ズ・ラ・な風

天、ノーパン。天、ノーパン。
やはりというか何というか。
天はノーパンでした。おそらくはノーブラでもあります。

だが、そんなノーパン状態な天を見た瞬間、旋が鼻血ブー状態に…

DSC05477.jpg
まさか?

こうしてぱんつすら穿いていない天に対し、何故かブチ切れし、天対旋の天神対決が始まる!?

といった辺りで次回へと続く。


[感想とか]
さて今回は天の眷属になった生物部の面々がポイントですかね。
ハムスター神楽クンに、ホルスタイン縁、そしてバニー明日見。
縁と明日見はコスプレみたいなのに、神楽クンのみ完全合体だね。何故?
何かもう、マスコットみたいだ…


そして旋。
天にどういった恨みがあるのかは、まだ解りませんが、私には単なる逆恨みにしか見えませんね。
逆恨みというか嫉妬というか。愛情の裏返し?
要するに天が好きなんですよ、旋は。
しかし、おっぱゐ大好きな天は、ペッタンコな旋のおっぱゐには興味を示さない。
つまり蔑ろに扱われていた。
自分がラブラブオーラを出しまくりなのに、天は振り向いてはくれない…
しかも「ペッタンコには興味ない」とでも言ったのではないでしょうか。
その結果、恨みが積もった…

…というのが私の予想。
天がノーパンだったのを見て鼻血ブーっていうのは、そういうコトにしか思えないですよ。

とはいえ、本気を出せば山が吹き飛ぶとまで言われている天神同士の戦い。
次回も目が離せませんな。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
嬉しい出来事Part.10 「オー スーパージャンプ」6月号の話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。