い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2019/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2019/12
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2008/06/03(火) 23:00 コミックヴァルキリー
ガソリンの値上がりがまんま死活問題です。
休みの日はなるべく自転車を使おうと思うのですが、雨ではそうも言っていられません。
何とかならんのか…


さて本日は「コミックヴァルキリー」Vol.12の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1
Vol.2
Vol.3
Vol.4
Vol.5
Vol.6
Vol.7
Vol.8
Vol.9
Vol.10
Vol.11

増刊(Hard)Vol.1


[応募者全員サービス]
全員サービスという名の誌上通販。
しかも、全員サービスといいつつ、半分以上がネット通販で売っているという。

…ネット通販が不振なんですかね?


[フリージング]
巻頭カラーのサテライザーは、いったい何のギャグなのかね?
この服で「準備完了」とか…
やはり初部屋入り=初夜と同義と言いたいのかね?

カズヤは何を怒っているのだろうか。
ヒイラギの場合、自業自得ぶりが凄まじすぎて、イマイチ共感できませんよ?
怒るポイントが違うだろ?

クンルンの涙というのは、パンドラと似たような設定なのかと思ったが、まんまパンドラだった。
そして、カズヤを「運命の殿方」認定するのも予想どおりというお約束ぶり。
さらにサテライザーと張り合うのまで予想どおりとくれば、サテライザー対ラナとなると思ったのだが、その部分は見事に裏切られたな。

ココでまさかのガネッサ登場。
いや、完全に予想外。
しかも、カマセ犬かと思われたガネッサが中々にやるときたモンだ。

しかし、この学園のパンドラには、マトモな性格の人間はいないのだろうか?
この年齢ですぎた力を持った結果、こうなってしまった、というコトなのだろうか。
マトモかと思われたラナまで、かなり挑発的で、スカした感じなのが何ともね…


[レッする!アイドル]
ロッコ、まさかのカマセ犬化。
そしてアンナはユリ&淫乱化。って、前々からこんなだったっけ?いや、違ったハズだが。

タダモノではないと思っていたが、トレーシーがラスボスってコトでいいのかな?
この展開だと次回にも終わりそうな感じなのだが…
まぁ、トレーシーの身体がエロいのは間違いないがね。

デス・バニーは病院送りってレベルなのか?
葬儀屋送りの間違いでは?


[月光警撃隊アルテミスターズ]
初めの爆発は、満月を狙った様にも見えたのだが、巻き込まれたのは偶然だったのかな?

キャラとかノリとかは好きな部類に入るので、楽しんで読めた。
しかし、満月の身体能力の高さには、何かヒミツがあるのかと思ったのだが、まるで説明されず。
というコトは、素で高いのだろうか。人間の限界はカルく超えていますが。

最後のオチも良かったかな。
購入費用は、当然警察持ちだよね。


[ディスバニッシュ]
最終回。
結局よく解らないままに終わってしまったという印象。
しかも、ラスボス倒していないし。中ボスクラスを倒したトコロで終わりって…
完全に打ち切り展開じゃないかよ。
しかも最後だというのに、気になる発言までさせて…

アヤと優美のキスシーンはエロいなぁ。
非常事態なのは解るがさぁ、アヤは自分のしているコトのエロさに気づいていないのだろうか。
しかも、ソレが原因で、変身のたびに優美とキス!な関係に?
やはり、このマンガはこれからだったのになぁ…
と、思わざるを得ないね。


[たたかうおんなのこたち]
このマンガは回数が増える度に新キャラが出るのだが、そんなに既存のキャラでは話がまわせないのか?
しかも、似たり寄ったりのキャラしか出てこないし。
ホンキでダメダメだな。


[鬼姫VS]
正直、何故レナが眼帯をしているのかが解らない。
左目は怪我していない様に見えるのだが…

万里香の心臓を食べれば、どんな妖怪でも鬼一族を超える力が手に入るって…
何ていうか、アホ設定というのは、こういうのをいうんだろうなぁ。という見本ではないかね?
正直、ルールを守っているカンナとレナがアホにしか見えない。
万里香の心臓の力があれば、誰も敵わないのだから、食べた後でゆっくりとルールを変えてしまえばいいのに。
そういう観点から考えると、律儀にルールを守るのは、鬼一族の王族の誇りなのかもしれないな。

そして、早速登場する3人目?
そして、有馬使って、何やら企んでいる様だが…
有馬は完全に道化役にしかならんような。


[ムネモシュネの娘たち]
アニメのコミカライズみたいですね。
で、私はアニメは未見です。

さて、このマンガ。
アニメを観ていない私から見ると、非常に不親切であると言わざるを得ない。
どうにもアニメを観ている読者が読むコトを前提として描いている感じが否めないのだ。
まぁ、アニメを観ている人にとっては、人物などが解っているのだから問題ないだろうし、すんなり入れるのかもしれないけれども。
そもそもが、主人公の境遇やら何やらすらも描かれぬままにストーリーが展開していくという様に唖然としたよ…
で、主人公は探偵社かなんかをやっているというコトでいいのかな?

主人公がどういう能力があるのかも解らないのに、ピンチシーンのみ描かれてもなぁ。


[進め!怪人クラブ]
最終回。

女子生徒達は、非常事態とはいえ、揃いも揃って娘怪人スーツを着てしまいました。
しかし、体育館で着替えたのかね?
非常事態とはいえ、体育館で。
明らかに全裸になってからスーツを着ているよね?
…男子、いるよね?
女子中学生が、卒業式で集団公開着替え。
卒業式の余興としては、サイコーではないでしょうか。

そして、セミ娘スーツを着てしまった女の子が可哀想すぎる…!


[タロットメイデンきさら]
シークレットチーフとやらがラスボスなんですかね?
しかし、お凛の父親が学園の創設者でもあるらしいし、繋がっているとしたら、創設者=チーフというトコロか?
関係ないが、性別すら解らないシークレットチーフに、「彼」という呼称をするのはおかしい。(揚げ足取り

何か知らんが、マユミがおっそろしいコトになってる!
え~、何この展開は!
おかしい、あからさまにおかしい。
こうなってくると、何やら魔法を使いこなしている鬱瀬にもヒミツがありそうな感じかな。

最後に登場した女の子は、敵なのか味方なのか。
まぁ、味方になる気はまったく感じませんが。


[ねこみみ学園よろずや]
メガネでテコ入れですか?
何ですか?この、某南雲さんが欲しがりそうな能力は。

毎回言っているが、今回の話で面白い部分がまったく解らない。
メガネが1人ダケ蝶メガネなのは、笑うトコロなのかね?


[ドラプリ!]
どうでもいいが、酒池肉林の「肉」は、まんま食用肉を指しており、肉欲のコトを指しているわけではない。勘違いしている人が多いが。

短いページの中で、見せ場を作りつつ、ほどよくキャラを立たせており、そして読みやすく作られているのが好感度高し。

姫の鎧が取れ、服が破れていく過程は、エロス感が程よくてイイね。
一見すると、姫が強がっているようにも見えるという描写で萌えを演出しつつ、実は言葉どおりの意味だったというコトでピンチの脱出という展開は巧い。
まぁ、オチはヨメていたんですけれどもね。
要するに、姫とヤりたかったら着衣の上、ズラシ○○でなければならないってコト?


[御剣ハルカ危機一髪!]
このマンガから選択肢をなくしたら、何も残らないのでは?
特に話として面白いわけでもないのだから…

しかしまぁ、選択肢がないというのは、次回で最終回なのかな?
最後くらいは、作者の思うままに描きたいっていうのがあったのかもしれない。
ハルカ対カナタ。
ラストバトルとして相応しい対決だとは思いますが。
ココで選択肢
A:ハルカの勝ち
B:カナタの勝ち

とかあったら、ソレはソレで笑ったのだが…

次回の選択肢は
A:今回で最終回
B:新展開で連載続行
だよね?


[正義研究会セレナード]
勇者と魔王。
魔砲少女と魔王の娘。
2面対決、遂に開始。

そして、双方ピンチになった時に、ジャスティンジャーが助太刀に入る展開まで同じ。
そのシーンでのセレナと蒼也のシンクロはカッコ良かったのだが、蒼也はやはりギャグキャラなんだよなぁ。
折角の見せ場も、この仕打ちだもんなぁ。

最後は、双方ともに、ようやく真打が登場し、ラストバトルっぽくなってきた。
…っていうか、次回で終わりみたいにも見えるのだが…
どうなんでしょ?

後、魔砲少女の限定解除は、某ゼロカスタムにしか見えません。
使っている技も実にソレらしい。狙ってそうだな…


[GUNNER QUEEN 復讐の女王陛下]
ミスエの過去回想に出てきたサヨリというのは、ミスエの妹なのかね?
どう見てもミスエの方が年下に見えるのだが…

何だかよく解らんが、ミスエが過去を断ち切ったというコトでいいのかな。
リュシィも何とかなったのかな?
まるで解らないのだが。


[BLANGEL]
なんかさぁ、明らかに雑魚っぽいのにこんなに苦戦していて大丈夫なのかね?と思う。


[カイト リベレイター]
百南花は本当に橘を殺す気があるのか?
本当に殺したければ、橘が高笑いしている隙に、後ろからズドンで終わっているのだが…
不意打ちまでしたくらいだから、卑怯と考えているという訳ではなさそうなのが、余計に謎。


[触手姫]
新しい力というのは、より繊細なコントロールが出来る様になったってコトなの?
まぁ、ソレだけではないのだろうけれども。

最後に現れたのは何なんだろうね。


[インフィニティブレード]
最近影を潜めていたと思ったら、久々にやらかしましたね。
今までの反動なのか?
ちょっとやりすぎという気がしないでもない。

次回はアッシュ死亡かね。
まぁ、現代編でいないのだから、死亡なのは間違いなさそうだが、問題はその描写か。


[ローズ×マリー]
蜘蛛女とハインツの出会いがもう少し早ければ、この悲劇は起こらなかったのだろうか。
それとも、ローズが言う様に、女性を食べてばかりいたから、この姿になったのだとしたら、その過程で心の部分でも何らかの影響があり、人間であるハインツに惹かれたのだろうか。

ところでA級になった割には、以前よりも任務レベルが下がってない?気の所為?


[Dual Soul One Body]
何かセレスとクリスが分離したねぇ。
変身させすぎたのが原因なのだろうか。

まぁ、何はともあれ、△カンケーとやらに期待する。


[次回予告]
次号予告のページに書いてある「窮鼠包包拳」って…
この雑誌自体がヤバいコトを暗喩しているのかね?
次号で3作くらいが終わりそうな雰囲気だし、今回も2作終わってしまったし。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”1巻 週間マンガ感想第5回
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する