い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/06/07(土) 07:52 ヤンアニ嵐
気がついたら、ブログの記事総数が800越えていた。
開始以来2年と半年。
ほぼ毎日何がしかの記事を書いていたし、別になんてコトのない数字ではあるのですが。
とりあえず今年中に1000いくかな。
いや、ムリか。まぁ、3周年前には何とかね。いっているといいなぁ。


さて本日は「ヤングアニマル嵐」No.7の感想を。


[ラブホいこうよ]
カラー扉の幽子さん、セクシーすぎてナイス!

達也は、ひどい目にあっている様にも思えるが、何気にいい思いもしているな。
凶香さんも何気にポイント高いですねー。
ハマったらヤバそうな感じの人ではあるが。

達也は海に落ちたので、落下死は免れたが、凍死しそうな気がするのですが…


[ふたりエッチ]
梨香って、優良さんの妹だっけ?


[イケない彼女]
このマンガ、この雑誌内では完全に異彩ではないでしょうか。
まず、絵柄が濃い。
そして、内容は黄色い楕円形のマークが付いていても違和感無い。
18禁マンガじゃないんだから、もう少し他雑誌での掲載作との差別化をすればいいモノを…


[オレたま ~オレが地球を救うって!?~]
エマニエル…
流石は恐怖の女王。演技力も抜群ですね。

しかし、エマニエルは相変わらずツメがあまいですなー。
確かに寸前まではいったのですが、バラすのがもう少し遅かったら成功していたのにね。
トップがこんなだから部下もダメなのが多いんだろうなぁ。


[Gがセ界を統べるまで]
故障で離脱者が多いらしいですが、その方が調子が良くないですか?

個人的に、今年のペナントレースなんて、楽天が何位になるか位しかミドコロがなくなったので、セ・リーグなんぞどうでもいい。

ところで今回のコラムを読んでいて思ったのですが、プロ野球って、何でジャッジに映像判定の導入に反対してるの?
バカなの?時代遅れもいいトコロ。


[パンダ漬け]
安倍麻里亜っていう名前は狙っているのか?狙っているんだな?
まぁ、現姓が福田だから、ダブルで狙っているのだろうが。

連載2回目にして、ココまで直接的なエロネタを描くとはね…
しかも子供付きプレイというのがなんともマニアックすぎる。
背負い紐がエロスだよ…


[後藤羽矢子の裁判びゅー日記]
相手の身体に何らかの損傷を与えた場合、何でもかんでも暴行に含まれますからね。
極端な話、あまりの厚化粧で周りに迷惑をかけると、暴行(傷害)が適応されるとか。


[かの女は忍具ムスメ!]
このデパートは、防犯があまりよろしくないようで…
明らかに凶器になりうる物を取り扱っている割には、触っても、あまつさえ取り外してもブザーも鳴らなければ、警備員も出てこない。
しかも、刃が潰してある訳でもない。怖いスペースだな。

鉄輪ってそんなに恐ろしい忍具か?
使い方を見るに、戦いの中では役に立ちそうにないので、どちらかというと拷問とか処刑用という気がするのだが…

そして第3の忍具ムスメ登場。
3人目は、鎖鎌の女の子。
だがしかし、地獄丸に恨みがあるみたいだ。
しかも、使われなかったコトに対する恨みではなく、包丁代わりに使われたコトに対する恨みとかいうアホな理由。本人にとっては深刻な恨みなのだろうが、どうにも笑ってしまう。

しかし、このムスメは、何故初めから名前があるのだろうか。
月音としゆりには無かったのに…
銘入りの鎖鎌っていうコトなのかな?そんなモノがあるのかは知らないが。

殺裏香はツンデレ系ってコトでいいのかね?
まぁ、デレになるのが早すぎるので、ツンデレとしての価値などほとんど感じられませんがね。


[ナナとカオル]
扉ページの煽り文句「今まで1番エロいよ…」
今までの実績から考えても、前回のヒキから考えても、いやが応にも期待してしまう。

さて、前回のヒキですが、ナナが「オシッコしたい」って言ったトコロまでだったのですが、その続きという訳で、今回は放尿ネタです。

カオルの要求は、トイレではない場所…
誰もいないとはいえ、グラウンドの観客席での放尿。
今回、エロい部分があるとすれば、ソレは内心期待しているナナと、抑えきれずに表情に出してしまっているトコロだと思う。
「ここでするんだよ」
と言われた際に見せたあの表情。
あの表情が、素晴らしい描写だと思うんですよね。
アレは…、一見の価値はあります。

今回の展開を見ていて思うのは、このマンガはあくまでもラブコメなんだな、というコト。
確かに、SMという題材を扱っている以上、ある程度のアブノーマルさは付いてまわるのですが、ソレはプレイの内容がアブノーマルなのであって、ラブコメの部分としては実にノーマル。
やっているコトはアレなのですが、「手を握っていて欲しい」というシーンでは、エロさよりも悶えの方が遥かに勝る。
手を握るコトによって安心感と信頼感を与える/得るのは、ラブコメとしてはオーソドックスにして、最初のステップアップ。
だからこの作品は、あくまでもラブコメが主体なのだと思う。

今回、1番エロいと書いてあるが、個人的には3話の方がエロかったと思う。
確かに「直接的な」エロさでは今回の方が上だとは思うが。
アレは焦らし方のタイミングというかペースというか、そういうモノが神がかっていたからなぁ。


[恋花温泉]
そういえば萌花って、大学生だったんだっけ?
扉絵では、中学生にしか見えないが。

試着室でのアイマホといい、お風呂場での瑠梨香といい…
何で今回はこうもユリがかっているのか。
素晴らしい。

お風呂場で瑠梨香が去っていったのは、オ○ニーしていると思ったからなのだろうが、ソレは即ち、自分は今でもやっているというコトを暗喩しているのか?
そうだな?え?そうなんだな?


[保健室のあおいちゃん]
西瓜中学ではないってコトは、パラレル的な話というコトなのかな?
まぁ、あえて舞台を変えるコトによって、前作のキャラを自ら封印したってコトなのかもしれないけれど。

保健室の先生がエロいのはお約束だよねー。
まぁ、この人の場合、天然でエロいのか、計算的にエロいのかの判断がイマイチ出来ないんですがね。

あんな止血の仕方したら、心臓ドキドキで余計に血が止まらなくなるよ?
別の部分からも血が出ちゃうよ?
まぁ、ある一箇所に血が集まって止まる可能性も否定はしないが。

しかし、ベッドでのシーンは…
やはり天然なのかな?解らん。本当に解らん。
作者が計算づくっていうのは丸解りだが。


[月の魔女ネガティブ]
えー。
私がこのテの4コママンガに好意的な評価をするコトはそんなにないですよ?
ハッキリ言って、面白さの欠片も感じないな。
設定、キャラ、内容…
特に見るべき何かを感じないモノばかりなので…

特に4コマ目のシラケっぷりが致命的。


キャラの(見た目の)カワイさは認めますがね。
ソレに頼り切った内容が作品全体をダメにしている感じ。


[えっちの神様!]
「毎晩泊めていただければ、朝ごはん作りますよ」
コレを通い妻と言わずに何と言うのかね?
…専属メイド?もしくは半同棲。

前作のキャラが出てきてしまった。
まぁ、シリーズとして続いている訳だから出てきても問題は無い訳ですが、一長一短であるコトには変わりは無い。

そして、内容的に前作の2番煎じみたいになってしまった。
まぁ、シリーズとして考えれば、昔の性風俗の知識マンガというコトなのだから、別に構わないのですが、このまま前作との差別化がなければ、何の為の今作なのかっていう部分の問題になる。
主人公2人制という部分を巧く活かしてくれればいいのだが…


[碧いの誘惑]
最終回。
最大の障害だった問題を、何事も無かったかの様にアッサリとクリア。

連載が続いていれば、もっと引っ掻き回す役だったのか、ソレともこの問題において、あずさとの関係への覚悟を認識させる為のキャラだったのか。
まぁ、おそらくは後者だが。

ま、このまま連載が続いてもドロドロな関係での話になっただろうから、コレで良かったのではないでしょうか。


[アシスタント伝奇 ケイカ]
消しゴムプレイ&筆プレイ!
いや、そんなんでアシスタント能力が上昇する訳ない…
と思うのだが、このマンガではそんなツッコミは不要か。
作者の実体験だったらどうしよう。

仮面ペン友会って、個人の名前ではなく組織の名前だったのか。
揃いも揃って変態にしか見えないが。

ところでこのマンガは、バカエロを描きたいのか、単なるバカが描きたいのかハッキリしないなぁ。
今回の内容において、紬と夕紀のエッチシーンって必要かね?
この部分が、ストーリーの進行の妨げになっている気がするんですがねー。
前回の様にエロをやるときはエロに集中。ストーリーをやるときはストーリーに集中っていう感じでは出来ないのだろうか?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”水色スプラッシュ 2nd season” ”ビーチスターズ”5巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。