い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/06/10(火) 23:04 コミックレビュー
何かいろんなサイトにリンクされまくって、アクセス数が異常事態です。
皆さま、有難うございます。
当ブログ最高に読まれる記事になるか…?
どのみち、好きなマンガが注目されるというのは、嬉しい限りです。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
よみがえりんね♪
少年画報社刊/森見明日氏


[作品概要]
彼女いない暦=年齢、という大学生・主人公(もろと・あきら)。
毎週金曜日に大学の女生徒に告白してはフラれ続けて、既に10連敗。
毎週金曜日の恒例イベントになりつつあった。
そんな彼の前に「前世で恋人」で、その上「生まれ変わっても一緒になろう」と約束したという女の子が現れた…
しかも、そんな女の子が複数現れたのだ。
女の子達は、揃いも揃って、前世での約束を果たせばえっちさせてくれるという。
幼馴染の築波野朋(ちくばの・とも)は複雑な想いを抱きながら、公の為に協力をするが…?


[参考記事]
1巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて、前世で恋人だった女の子とのラブラブを目指している公。
今回、特に積極的にモーションをかけてくる女の子が、巫女さんの山都撫子(前世名・ユイ)。
他の女の子が、前世を記憶として有しているのに対し、この女の子は、前世と現世で2つの人格が存在しています。
ユイの前世での約束は、前世で人柱になった橋を探して、その橋の下でのえっち。

その橋を探し出せないでいる公。
実は、ユイとしては、橋の下でなくてもいいと思っていたりして、積極的にアプローチをかけてくるのですが、公自身がソレを良しとしない。
相手に流されるコトのない公はバカですが、尊敬出来るのではないでしょうか。

さらに、公の周りに常についてまわる朋が気になって仕方がない。
しかも、その朋が公の家の隣に住んでいると知ってしまって、さぁ大変。

DSC05648.jpg
問いつめ

朋に公との関係を聞いてくる。
公との関係を否定する朋だったが、女のカンによって、何かを感じ取ったユイ(と撫子)は、朋み宣戦布告をするのだった。

DSC05649.jpg
宣戦布告

だが…
ユイが宣戦布告をしていると、何やら慌ただしく消防車が公の家の方面へはしっていく。
そうです。
公の家は火事で無くなってしまいました。
母親は実家へ、父親は社員寮へ、そして公はというと。

DSC05650.jpg
居候

大学があるからか、朋の家に居候するコトとなってしまいました。


さて、この火事。
物語の上でそんなに重要そうではないのですが、実はコレが1番重要なコトだったのです。
公の家が火事になった最大の理由。
ソレは何と、ユイが朋に宣戦布告をしたからだったのです。

ユイが言うには、前世の時点(橋の人柱になったとき)で、朋の前世が公(の前世)の周りをうろついていたらしいんですね。
しかも、その前世朋(仮称)の時、既にその影に複数の前世の影がチラついていたらしいのです。
実は、他の前世女の話の中にも、朋の前世と思われる人物の影がチラついており…
要するに、朋は1番執念深い前世女だったりするのです。
さらに、朋は何世代にもわたる前世を繰り返していながら、1度も公と結ばれてはいないらしい。
その嫉妬心が呪いとなって、何世代にも受け継がれ、徐々に大きくなっていき。
現世において、その呪いが発現。
朋が公と結ばれない限り、他の女の子は公と結ばれるコトはない。という状況を作り出してしまったのです!

DSC05651.jpg
元凶女



ちょうどその頃。
公は、前世女の琢磨奏(前世名・マノン)とイイ感じになっていました。
この奏は、自分と息のピッタリ合うフルート奏者を捜しており、ソレが恋人の条件なのですが、前世の因縁がある為、ヘタクソでも公との相性はピッタリ。
その後も練習を続けた公のフルートの腕はかなり上達。
ソレが奏に認められ、ツン系彼女が、ついに陥落。
ヌレヌレで「初めてを貰って欲しい」と懇願するに至ってしまいました。
こうして何の障害もなくなり、公、遂に初えっち!?

DSC05652.jpg
寸前描写

ところが!
何世代にもわたってストーカーをし続けた女の執念、あなおそろしや!

DSC05653.jpg
テニスの試合は続行されたのに…

上から照明が落ちてくるというハプニングが!
当然、朋の呪いの効果です。
つまり、朋の呪いを解かない限り、公とのえっちは出来ないのです。

公の家が火事になったのも、前世女が現れ、前世の因縁とは関係なしに、現在の人格が公に惹かれだしたのが原因だったと思われます。


1番公への想いを持ちながらも、全く素直にならない朋が、公争奪戦のトップに立っているという事実。
焦った前世女達は、呪いを解く手段として、1流の霊媒師を雇いますがまるで効果なし。


そんな折に。
公は、自分が1番ホれている女の子と再会します。
朋の家で。

DSC05654.jpg
再会

公がファースト・キスをした相手。
名前も知らない女の子。
しかも…

その日は、朋の両親は旅行。
幼馴染みとはいえ、若い男女(女の方は実の娘だし)を残して旅行って…
親公認ってコトか!

つまり、家には2人きり。
ちなみに、この女の子は変装した朋で、しかも公自身はそのコトに気づいていません。
正に、名前も知らないあの娘なんですよねー。

この時、朋は、ようやく自分の気持ちに素直になっており、もう変装するのはヤメにして、素直に勝負しようと思っていて、最後に変装していた…

…トコロを、公に見つかってしまったんですね。
今更、自分の変装だったなどとは言い出せない朋は…

真っ直ぐに自分に想いをぶつけてくる公に対して、

「名前を聞かなければ、キスだけならいいよ」

と。



そして、場面は、このマンガ最大の見せ場へと…

DSC05655.jpg
えっちな朋

遂に!
公と朋が結ばれる!?
朋は正体を明かすのか?

続きはご自分の目でお確かめください。


最後に。
前世女4人はどうしたのかというと。
当然、それぞれ前世での約束を果たしたい。
しかも、既に現世での自分も公に惹かれ始めている。
その想いは…

とめられるハズもなく。

DSC05656.jpg
八菱媛女(前世名・ティア)


DSC05657.jpg
山都撫子(前世名・ユイ)


DSC05658.jpg
琢磨奏(前世名・マノン)


DSC05659.jpg
陸上走(前世名・セレネ)

それぞれが、それぞれの方法で公に求愛(脅しともいう)をするのでしたとさ。



さて、正直に2巻の感想をブッチャけると、個人的にはゴミに等しい内容です。
何故ならば。
私の1番のお気に入りである陸上走(前世名・セレネ)が最後にしか登場していないからです。

2巻で
・1番目立っていたのは山都撫子(前世名・ユイ)。
・1番エロかったのは琢磨奏(前世名・マノン)。
・1番おいしいトコロを持っていったのは朋。
・1番扱いがヒドかったのが陸上走(前世名・セレネ)
です。
扱いが難しかった為か、公にソレほどこだわっていない為か、登場が少ない。
最後に公の争奪戦にはいっていたのが、白々しいよ…


という不満はおいておきまして。
その部分以外は概ね満足ですかね。
誰を選ぶのかで読者がヤキモキしている間に、朋にかっさらわせる展開が巧い!

変装した朋を1番好きになっていた公。
前世の因縁など関係なく朋を選ぶコトになるのかなー、と思っていたら、朋が最悪の前世女だったというオチ。
やはりこのマンガは、前世の因縁で始まって。前世の因縁で終わるというコトみたいですね。


[オマケに関して]
オマケはいくつかあるのですが、最大のオマケは巻末の後日談4コママンガでしょうか。
公を取り合い、誰がヒロインなのかを議論し合う前世女達だが…

最後のオチが…。公、憐れ。
っていうか、ザマぁ。


[関連リンク]
森見の黒板の隅の落書き様(作者のブログ)


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第47話 週間マンガ感想第6回
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。