い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2021/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2022/01
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2008/07/03(木) 04:44 コミックレビュー
何か近所の書店が、今月いっぱいで閉店するらしい。
まぁ、その書店は普段はほとんど利用しない店なので、あまり問題はないのだが、残念な気はする。
半年くらい前にも1件ツブれているし、今の時勢では書店はキビしいのだろうか。
いや、実にさみしいコトですな。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
タロットメイデンきさら
キルタイムコミュニケーション刊/ろばー氏


[作品概要]
タロット占いが得意な中学2年の来栖川キサラ。
ある日、喋る黒猫のライベルとぶつかり、ライベルの持っていた「賢者の聖石」を体内に取り込んでしまった。
何でも「賢者の聖石」を集めている秘密結社「蛇十字団」から逃げてきたのだという。
キサラは「賢者の聖石」の力で魔法少女タロットメイデンに変身し、蛇十字団と戦うコトに!


[参考記事]
1巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻の最後。
学園内にある教会のシスターが、「蛇十字団」の幹部・アサナトスではないかと疑ったキサラが、教会に偵察にやってきた辺りでしたね。
という訳で、その続き。


という訳で、教会のミサにやってきました。

DSC05898.jpg
教会内部

シスターが怪しいと思いつつも、ミサでボロを出すハズもなし。
ミサが終わったら、教会内部を偵察しよう…

…などと考えていると、何とアサナトスの部下のミスによって、アサナトスが封印していた魔族が解き放たれてしまい、封印されたコトを怨んでアサナトスに報復にやってきました。
すなわち、教会内に乱入してきたのです。

DSC05899.jpg
馬に魔族がとり憑いている

キサラは、他の人達が馬に気をとられている隙に、物陰でヒッソリとタロットメイデンに変身。
馬を止めようとします(この時点では単なる暴れ馬と認識しています)

DSC05900.jpg
颯爽と登場するヒロイン

まぁ、馬は毛を飛ばして攻撃してきたりするので、即効で魔族とバレるのですが。
そうなると本体の魔族をたたかないとならない訳で、とりあえず馬の動きを止めようとする訳ですが、そういう魔法は近づかないと効き目がなかったりするんですね。
でまぁ、攻撃をかいくぐって近づくのですが、後1歩という辺りで、やっぱりというかなんというか、ピンチになってしまったのですが、キサラがヤラれてしまったら自分が倒さなくてはならなくなる(=正体がバレる)コトを恐れたアサナトスがコッソリと手を貸してしまうんですね。
ソレでキサラは事なきを得たわけですが、結局はソレが原因でシスター=アサナトスというコトがキサラにバレてしまうのです。

こうしてこの教会が蛇十字団とつながりがあるコトを知ったキサラ。
教会内部の探索を開始し、アジトの入り口と思わしき隠し通路を発見!

DSC05901.jpg
隠し通路

危険を承知で、乗り込んでいくのでした。


さて、隠し通路の先ですが…
ソコは正に迷宮のような場所でした。
右も左も解らず、全体的に結界が張ってあるらしく、魔法も使えない。
帰る時の為に印をつけつつ、地下ダンジョンをススんでいくキサラ。
そして、その先で待ち構えていたモノが…

DSC05902.jpg
かろうじて息がある

見るからにミイラ1歩手前の様な状態で監禁されている少女でした。
キサラが少女と判断した最大の決め手は、ち○こが付いていなかったからでしょうか?
その辺り、見るべきトコロはシッカリと見ているのか…

…などというコトはどーでもよく、罠という可能性も考えつつ、放っておけないキサラは、助けるコトに。
しかし、かろうじて生きているという様な状態だったのですが、助けたとたんに…

DSC05903.jpg
襲われる

キサラに噛み付き、血を吸い始めました。
血を吸うシーンはとにかくエロく、イメージ描写だと思うのですが、何故かキサラが全裸になっていましたからね。
しかもセリフと表情が…
あ、いや、詳しくは書きませんが。

罠―――
と思った時には、既に遅く、キサラはダウン寸前。
もはやこれまで…
と思われたのですが、寸前のトコロで少女が我に返りました。

実はこの少女。
敵でも罠でもなくて、吸血鬼の一族で、理由は忘れたらしいのですが200年もこの地下牢に監禁されていたらしいのです。
200年も飲まず食わずで極限の飢餓状態だった為、助けてくれたキサラをつい襲ってしまったらしい。
我に返った少女は、お凛と名乗ったのだった。
そして助けてくれたキサラに懐いてしまい、そのまま仲間になりました。
ちなみにお凛は全裸だったのですが、そのカッコウではあんまりだという理由で、キサラはぱんつと服のえり?のみ着せていました。

DSC05904.jpg
全裸よりマシ?

全裸でいるよりも変態みたいに見えるのは私の目が濁っているからでしょうか。
いや、濁っているのは頭の中身ですが。
どちらにしろ、ぱんつしか穿いていない幼女と、ノーパン+ミニスカ少女という、露出狂も真っ青の変態コンビの出来上がりです。
しかもお凛はこのカッコウが元で、後々素晴らしいコトになるのですが、ソレはもう少し後のお話。


さて、お凛を助け出したキサラですが、肝心の蛇十字団のアジトの場所は相変わらず解らない。
しかし、ココでお凛の能力が役に立つ。
吸血鬼であるお凛は超音波で周囲を確認できる能力を持っており、その能力を使って地下迷宮を探索。
アジトがあると思われる場所を発見し、その場に行ってみると―――


DSC05905.jpg
敵が現れた

何と蛇十字団の代表であるディオニッソスがいました。
まぁ、簡単に言うととりあえずのラスボス戦です。
要するに、倒すと真のラスボスが現れる…、というRPGではお約束みたいなポジションのボス敵だといえば解り易いでしょうか。
そんなディオニッソスが相手です。
ちなみに、ライベルを召喚し、猫に封じ込めたのも、このディオニッソスです。

唐突に現れたラスボスクラスの敵に、修行中のキサラがかなうハズもなく。

DSC05907.jpg
完全にSだな

一方的にコテンパンにヤラれてしまうのでした。
こうしてボコボコにされた挙句、お尻にある聖石を取られる―――

という時に、お凛が覚醒しました。
いや、覚醒といっていいのかどうかは知りませんが。
先ほど、露出狂まがいのカッコウが元で素晴らしいコトになると書きましたが、その素晴らしいコトというのがコレです。

DSC05908.jpg
素晴らしいコト

何故か、唐突に大人の姿へと変身したお凛。
吸血鬼の能力という訳ではなく、聖石を身体に宿しているキサラの血を飲んだコトが原因で、吸血鬼としての能力が開放されたみたい。
キサラが「胸でか」と羨ましがるほどのナイスなボディー。
しかも身に着けているモノはぱんつとえり?のみという素晴らしさ。
下乳を拝み放題見放題というこの状況を素晴らしいと言わずして何と言う?ってコトですよ。

さて吸血鬼能力が全開になったお凛は、ディオニッソスを圧倒するのですが、キサラのダメージが大きすぎるコトや、いつまでこの状態が保たれるのかが不明なコトから、隙をついてこの場から脱出します。

DSC05909.jpg
脱出

逃げるキサラ達の追撃部隊として、ディオニッソスはリザードマン達を召喚するのですが、あまり役に立たずにそのまま逃げられてしまいました。
まぁ、このリザードマンは、もう少し先できちんと活躍の場が与えられるんですけれども。


こうして敗走したキサラとお凛。
初めての敗北を前に、自分の力のなさを痛感し、よりいっそうの魔法修行を誓うキサラなのだった。
ちなみに、お凛は家に戻ったら元に戻りました。
ロリスキーな方々には朗報かもしれませんが…
私にとっては残念な展開でした。
後、何故かお風呂でキサラとお凛がユリ状態になっていました。

DSC05910.jpg
お風呂での1コマ

このシーンを、お凛(アダルトVer.)でやってくれれば良かったのに…


さて、心機一転、学園生活に戻ったキサラ。
しかし、学園でまたもや事件が!?

DSC05911.jpg
カエルが…

何と校内をカエルがうろついている。
不思議に思うキサラだったが、このカエル、何故かキサラにしか見えていない。
蛇十字団と関係があるかと思ったキサラが追いかけていくと、キサラはこのブログでは紹介出来ないくらいのエロいめにあってしまうのだった。
まぁ、気になる方はご自分の目でご確認いただくとして。
このカエルの主が登場。

DSC05912.jpg
カエルの主

名前は五十嵐キョーコ。
カエルは使い魔みたいなものらしい。
で、このカエル。
魔力を持った人間にしか見えないらしく、魔力を持った人間を探す為に学園内を徘徊させていたらしい。
魔力を持った人間を探す。
蛇十字団のメンバーかと思われたが、実は違うらしい。

キョーコは昔からカエル(ケロピョンという名前)が自分にしか見えず、自分の妄想なんじゃないかと悩んでいたらしいのだが、実は魔力を持った人間にしか見えないと知り、自分の仲間を探していたらしい。
仲間というのは魔力を持った人間のコトなのだが、魔力があるコトで自分と同じ悩みを持っているコトもあるだろうと、そんな人の為にと、新しく魔力部(表向きは占い部)を作ろうと思い立ち、メンバーを集めていたのだった。
こうして魔力を持った人間として、部活の仲間として誘われたキサラ。
友人達のすすめもあって、入ることにしたのだが…


DSC05913.jpg
生徒会長

のっけからつまずきました。
新たな部を設立するには生徒会長の許可が必要らしいのですが、問答無用で却下されました。
しかし、なおも食い下がるキョーコに、生徒会長が出した条件。
ソレは何と、タロットメイデンを捕まえるコト。
何でも、生徒会長はタロットメイデンに恨みがあるみたい。
そんな訳で、タロットメイデンを捕まえろというのだが…

当のタロットメイデンが内部にいるうえに、正体は絶対ヒミツにしておきたいキサラは、この局面をどうするのか!?
そして会長の恨みとは一体!?

続きはご自分の目でお確かめください。
ちなみに、部活は認められ、無事に部室を確保しました。

DSC05914.jpg
部室

屋上に建っているオンボロ小屋ですけれどもね…
こうして部活動の日々が幕を開ける…?

といった辺りで、次巻へと続く。


さて、なんか主要人物がイッキに登場した感じの第2巻ですねー。
お凛は当然として、部活動の仲間ですね。
お凛の場合、監禁されていた理由がこのマンガにとって重要な意味を持ってきそうな気がしますからね。
戦力的にも頼りになりそうな感じだし、注目度は高いですね。
アダルトVer.のナイスなボディもイイ感じ♪だしね。
今回は着ていたモノの関係で、ギリギリエロスが堪能できましたが、ちゃんとした服を着ている状況で変化したら、服が破れて大変なコトになってしまうのではないでしょうか?

…。

……はやく変化しないかな…


部活動関係では、気になる人がいますね。
感情表現が乏しい&眼帯という鬱瀬エツコという少女なのですが…
何か気になる。
何かヒミツがありそうな感じが漂っているんですよね。
コチラにも注目ですね。


巻末には描きおろしのオマケマンガが収録されていますが、オマケマンガとは思えないくらいページ数が多いですよ。
20ページ超ですからね。
そのまま本誌に載っていてもおかしくはないですからね。
内容は、キサラ達が服を買いに街にいく話しなのですが、話しの内容上、キサラ達(というか主にお凛)のファッションショーが楽しめますからね。
オチはちょっとどうかとも思うセリフがあったが…
ま、アレはアレでいいのかも?


さて、最後に。
先ほど書いた「リザードマンの活躍」というのを紹介しておきます。

DSC05915.jpg
リザードマンの活躍

詳しい状況は描きません。
詳しく知りたい方は、ご自分の目でお確かめくださいネ。
まぁ、このシーンは、とってもエロスだったよとダケは言っておきましょう。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
「ヤングアニマル嵐」No.8感想 「ヤングキングアワーズ」8月号感想
コメント一覧
笠山凛
履歴から来ましたww図解のレビューが分かりやすくていいですね。もしよければファンポチお願いします!!
URL 【 2008/07/04 00:38 】 編集
名無しG
>笠山凛さんコメント有難うございます
こちらこそ訪問有難うございます

画像の使用は
文章力のなさを誤魔化す為の苦肉の策だったりします…
もう少し控えめにしたいですね…
URL 【 2008/07/05 01:53 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する