い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/07/25(金) 23:37 コミックレビュー
ついに次号の「週刊少年チャンピオン」から竹下氏の連載が始まります。
楽しみです。そして、レビューを予定しています。
だが…
”かるた”の続編はまだか?
私はまだ諦めてはいない、諦めてはいないぞー!
この連載が成功すれば、復帰への道もあるのではないのか?
そんな僅かな希望が…、ある限りはな!


さて本日紹介するマンガはコチラ。
てるてる天神通り
角川書店刊/児玉樹氏


[作品概要]
日の丸町の天神通り商店街。
遠くの進学校に通っていたが、大学受験に失敗し、6年ぶりに帰ってきた幸村天志(ゆきむら・たかし)は、イキナリ町内会長に任命されてしまう。
しかも、この町の町内会長の証であるバッジを着けると、なんと「福の神」の姿が見え、神通力も使えてしまうのだった。
こうして町内会の平和を守る為に奮闘する日々が幕を開けた…


[参考記事]
1巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて、町内会長を押し付けられ、日々町内の平和を守り続ける天志。
町内は今日も小さいコトから、ちょっと大きなコトまで騒動がいっぱい。

さて、ちょっとしたコトで福の神「おフク」とケンカした天志。

DSC06182.jpg
ケンカ

さらに。
そのケンカが原因で、おフクの存在が御菓子にバレてしまった!

DSC06183.jpg
バレた…!

今までひた隠しにしていたのに、その苦労の甲斐なく、アッサリとバレる…
って、バレても何もペナルティーとかないんですけれどもね。
タダ単にメンドウだから隠していたダケで。

しかし、この話では、御菓子が大活躍ですよ。
一応神であるおフクですらも御菓子の前ではタジタジですからね。
天志は既に尻にしかれている状態ってコトですね。


さて、続いての事件は。
天志達の幼馴染で、蕎麦屋の看板娘、元気印がトレードマークの冬子。
そんな冬子が、最近元気が無いという。
そんな訳で、天志が様子を見に行ってみると。

DSC06184.jpg
悩みの原因

何と冬子に付きまとっている男がいると。
まぁ、冬子には元々、草輔という半ストーカーがいるのですが…
まぁ、とにかく、冬子の悩みのタネはその男らしい。

当然、冬子ラブ一直線の草輔も内心は穏やかではない様子。

DSC06185.jpg
ストーカー対決?

だが、冬子が何もしないのだから、自分の出る幕ではないと、今は様子を見ているダケだった。
そんな草輔に業を煮やし、この件は自分が何とかすると言う天志だったが…?

この話では草輔が大活躍ですねー。
草輔がいかに冬子を想っているのかが解りますよ。
ただ、残念なコトに、冬子がソレに気づいていないコトか。
まぁ、普段の行動はアレだからなぁ。
しかし、草輔。本当にいいヤツだ。
あ、そうそう。この話ではお化けを怖がる冬子がカワイかったコトを併記しておきます。


さて、今度は2巻でのメインの話となります。
日々町内の平和を守っている天志。
大雨の日は川の見回りにも行きます。
そして、そんな雨の日に、雷に打たれた人を発見してしまった!

DSC06187.jpg
雷直撃

このメイドさん。
ものすっごく不運な体質なのだという。
今回の雷直撃は、通算で12回目だとか。
よく生きてるな…

さて、そんな不運体質のメイドさん。
名前は八雲というらしい。
そして、その不運体質の所為で失敗しまくり、仕えていた人からおひまを出されてしまったと。
そうして雷に打たれたトコロを天志に助けられた、と。

そして、その話を聞いた天志の父親が。

DSC06188.jpg
住み込みメイドさん?

家に置くと言い出したのだった。
ちなみに天志の家はケーキ屋さん。
ソコの店員兼居候。
その状態を見て、御菓子は不思議な胸やけに襲われるのだった。

DSC06192.jpg
胸やけ?

まぁ…
胸やけと思っているのは本人のみで、本当は僅かな嫉妬心なんですけれどもね…


そして、おフクは、福の神として八雲の不運体質をなおそうとするのだった。

DSC06189.jpg
福の神のプライド?


さて、こうして天志の家の居候になった八雲ですが、なにやらウラがあるみたい。
ドコかにコッソリと電話をかけ、天志のコトを報告しているみたい。

DSC06190.jpg
電話報告

天志に助けられたのは偶然だったみたいですが、元々天志の調査の為にこの町にやってきたみたい。
電話の相手は、天志に恨みを持つ人物みたい。

DSC06191.jpg
電話の相手

八雲は天志の優しさにふれ、相手に復讐をやめるように説得するのですが、聞く耳持たず。
そしてとうとう、ご本人が天志の前に乗り込んできました!

DSC06193.jpg
恨みを持っている

こうして復讐にやってきたお嬢様。
しかし、天志は思い当たるコトがないドコロか、相手が誰だかすらも解らなかった。

さて、このお嬢様。名前を高津原五十鈴(たかつはら・いすず)と言い、大財閥の高津原グループのご令嬢なのだそうだ。
そんなお嬢様が、何故か天志に恨みを持っており、その復讐にやってきたのだ。

さて、恨みの内容やらなんやらはご自分の目でお確かめいただくとして。
何だかんだで、お嬢様をたしなめる天志。

DSC06194.jpg
お嬢様を泣かせる

そして、何だかんだで、五十鈴、陥落!?

DSC06195.jpg
陥落したの…、か?

こうして、トラブルのタネが増えたトコロで、次巻へと続く。


はい、という訳で、ドタバタ町内会長奮戦記も第2巻。
今回は、草輔のカッコ良いトコロが見られたり、冬子のカワイさが見られたりしますが、やはりメインは八雲と五十鈴でしょう。
八雲は、メイドさんとしてのポテンシャルに加えて御菓子を妬かせるという大役をこなしていますからねー。
あと、不運体質には訳があって、コレに関しては今後、おフクのライバルみたいな感じになるのかもしれませんね。

そして五十鈴お嬢様。
完全にツンデレとしての資質を持ってますね…
まぁ、今の段階ではツンデレというよりかは素直じゃない+初めての感情への戸惑いっていう感じですが…
ただ、この展開はツンデレ路線になるかなぁ、と。
うん、今後が楽しみなキャラだなぁ。

御菓子もヤキモチ妬くに至ったし、新キャラも加わったトコロで、ラブでコメな展開にも期待したいトコロですねー。
あと、冬子と草輔の恋の行方にも…、注目です。
個人的にはこの2人にはうまくいって欲しい。
まぁ、その為には草輔の優しさに冬子が気づくというエピソードが必要だと思うので、ソレにも期待したいトコロだが、どうなるコトやら…


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”百目の騎士”2巻(最終巻) 懐かしFCゲーム感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。