い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2017/03
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/08/01(金) 02:23 その他のマンガ
竹下氏が「週刊少年チャンピオン」に帰ってきました!
”かるた”ではないのが不満ではありますが…
まぁ、週間ペースで竹下氏のマンガが読めるのは嬉しい限り。

そして。
同じ号でホモサッカーが打ち切られました。
このマンガ好きだったんだがなぁ。
やはりサッカーマンガなのにサッカーやらずに、男と男でラブでコメっていたのがマズかったのでしょうか?
終わり方もアレだし、「週刊少年チャンピオン」のお家芸である不人気マンガの未コミック化も発動しているみたいだし…
イロンナ意味で終わった…。終わったよ…


という訳で、”釣り屋 ナガレ”第1話のネタバレ上等レビュー開始。


[感想バックナンバー]
読みきり版


[ストーリー]
さて、読みきり版では女の子が登場しないという暴挙をやらかした竹下氏。
人気が出て連載になったとはいえ、ヒロインなしで連載するのはムリだと悟ったのか、サブタイトルからして女の子キャラを登場させる気満々です。

そして、カラーで女の子が登場。

DSC06252.jpg
女の子キャラ

しかも、2人もだ…!!

どうやら、どこぞのお嬢様と、そのお付のメイドさんみたいですね。
さて、この2人が、主人公の氷馬とどう関わってくるのでしょうか。
お嬢様は「青森イカ」がご所望のようでした。

DSC06253.jpg
青森に生息している?

青森ではなくアオリでした。
メイドさんは、「広辞林」とかいう辞書みたいなモノを持ち歩き、博識でもある様子。
しかし、知識はあっても釣りのコトなど解らずに、専門家=釣り屋を捜すコトとなりました。
接点が見えてきましたね。

さて、この2人…、というかお嬢様が、だが、何故にアオリイカを求めているのかというと。
どうも、死期が近い祖父がいるらしい。

DSC06254.jpg
死が近い?

6日間寝続け、1日起きるというくらいの状態らしい。
財閥?の会長らしく周りには遺産を狙う人ばかり。
そして、死期が近づいているコトを理解しているじいさんは、その場にいる皆に告げる。
当然、遺産やら何やらのコト…


…と、期待する周りを他所に、じいさんの言は。

DSC06255.jpg
遺言?

釣れたてのアオリイカを食べたいというものだった。
遺産のコトやらなんやら何やらしか考えていない周りはどーでもいいとして。
じいさん思いのお嬢様は、アオリイカを釣りに来た、という訳なのだった。

そして釣り屋を探す2人の前に。

DSC06256.jpg
釣り屋発見!

「釣り屋」の看板と、その看板の下で寝ている子供を発見した。
寝ていた子供であったが、海に出している竿が反応すると、即座に起き上がり、見事に魚を釣り上げる。

DSC06257.jpg
大漁

なお、この際に。
お嬢様の顔に…がかかってしまったコトを併記しておく。

DSC06259.jpg
顔にかかる



……

…ねぇ、狙ってる?狙っているの?
幼女(に見える)の顔にかけるとかね、いや、「顔にかかった」と言わせるとかね。
もう完全に狙ってるでしょ、コレ。
いや、狙っているのはこの1コマ前の描写の方なのですが…
ま、合わせ技で1本ってトコロですか?
まぁ、いいか。

さて、そうこうしていると、そのに1人の釣り人がやってきました。
何でもこの少年に教えてもらったポイントで釣りをしたら大漁だったとのコト。

DSC06260.jpg
情報料

そんなヤリトリを見ていたお嬢様が、釣り屋というのは何なのかと尋ねると、

DSC06261.jpg
返答

返ってきた答えは、要するに釣りに関するコトなら何でも売るというコトだった。
とりあえず当初の目的のアオリイカが釣れる場所を聞いてみると、どうやらこの辺りでも釣れるらしく、つって見せると言い出す少年。
そして、アオリイカの釣りが始まる。

DSC06262.jpg
釣り開始

さて、この後イカ釣りのウンチクが挿入されたりするのだが、そんな部分はどうでもいいのでスっトバし。

釣りを開始してからほどなくしてイカを釣り上げる少年。

DSC06263.jpg
釣り上げ成功

釣り上げたのはとても小さな固体だった。
どうやら産まれたばかりのイカらしい。
稚魚を釣り上げたら還すのがマナーですので、サッサと放してしまう少年。
まぁ、その際にお嬢様とメイドさんが海に落っこちるというハプニングがあるのですが、その後の描写がどうにも不満なので、どーでもいいですね。
いや、ソコはさぁ、もうちょっと、こう…
いや、何でもないです。


さて、お嬢様の話を聞き、アオリイカを欲している理由を知った少年は、型の良いイカを釣ると言いますが、お嬢様はコレを拒否。
何でも、他人が釣ったイカではダメなのだそうだ。

じいさんの話を聞いて、点数稼ぎをしたい人がイカを買ってきたのだが、それではダメだと怒り始めたじいさん。

DSC06265.jpg
怒りのじいさん

このじいさんは相当な釣り好きらしく、トンでもなく拘りがあるのだった。
釣り人が食べる魚とは、魚のみにあらず。
釣りに費やした手間、釣りをした場所、釣れた時の気持ち…
釣りに関する全てを一緒に食べてこその、釣りなのだ、と。

DSC06266.jpg
釣り好きに叫び

という訳で、少年が釣ったイカをそのままじいさんに持っていっては、アホの二の舞。
じいさんを喜ばせるのが目的のお嬢様の意向にそぐわないのだった。
だが、お嬢様は釣りなどしたコトがないので、どうすればいいのかなど解らない。

そこで。
釣り屋の出番だ。
釣りに関するコトなら何でも売っているこの少年。
相手が望む獲物を釣らせるのも仕事のうちだゼ!

DSC06267.jpg
任せとけ!

っという訳で。
お嬢様はこの少年にイカ釣りを教わるコトとなったのでした。

ちなみに、少年の名前は流氷馬(ながれ・ひょうま)。まぁ、コレは読みきり版と同じです。
そしてお嬢様の名前は豪徳寺槙江(ごうとくじ・まきえ)というのだった。
あ、メイドさんは砂原だそうです。

DSC06268.jpg
自己紹介

という訳で、お嬢様はイカ釣りに成功するのか!?
そんな辺りで次回へと続く。


[感想とか]
読みきり版ではどうなるコトかと思いましたが、人気が出たらしく連載になって何よりです。
さらに、連載版になったらヒロインが登場しましたねー。
まぁ、このお嬢様が、このシリーズが終わった後も登場し続けるのかは微妙ではありますが。
ただ、死期が近そうなじいさんが復活して氷馬と釣り仲間になるという展開もありそうだが…
どうなるんでしょうかね?

そして、前作の反省を活かしたのかどうかは解りませんが。
お嬢様に「顔にかかった」だの「何をどうすればいいのかわからない」だの「お…、大きい…」だのといったセリフをはかせる辺り、微エロも取り入れたのでしょうか…

槙江の名前が「撒き餌」に由来しているだろうコトは、おそらくは釣り好きなじいさんの意見なのかもしれませんが、作品的に見るとこの「マキエ」でロリコンをおびき寄せようとする意図があるのかどうかは…
単なる読者である私には知る由もない…

ところで、前作の最大の失敗点であろう、ラブ要素の少なさは、この作品では解消されるのでしょうか。
ソコが気になって気になって…
やはり、ソコは重要な要素ですからね。
その辺りも注目したいと思います。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:4   トラックバック:0
「ヤングアニマル嵐」No.9感想 「ヤングキングアワーズ」9月号感想
コメント一覧
Hiyuki
新連載スタートですね。かるたの再開じゃないのが涙が出るぐらいかなしいですが。

読みきりと違って女の子成分も添加されており、人気の確保も図っているようで安心です。
個人的には釣りのマンガに女の子成分は不要かなと思ってるんですが、まあこのへんは一般受けするためには必要ですよね。

でも、一話にしてアオリイカとは。ちょっとマニアックなところを突いてくるところがさすがです。
これで、好調をキープしてくれればと期待しております。
URL 【 2008/08/04 23:09 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
”かるた”は…
このマンガが成功したら再開して欲しいですね

竹下氏の場合女の子のカワイさも武器になりますので
女の子投入は間違いではないと思います
個人的には竹下氏の最大の魅力は
「描写力の凄まじさ」だと思っており
ソレは釣りシーンで発揮されそうなので楽しみです
そういう意味ではこのマンガには女の子いなくても問題なさそう

この雑誌には萌えるイカのマンガが連載されており
その人気に便乗した…
…かどうかは解りませんが
その人気にあやかってくれればと思っていたりします
URL 【 2008/08/05 03:07 】 編集
0058
ぼくわ、しゅうかんちゃんぴょん


URL 【 2008/12/13 16:40 】 編集
名無しG
>0058さんコメント有難うございます
返事が遅れてしまい申し訳ありません
URL 【 2008/12/20 05:24 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。