い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/08/08(金) 03:03 その他のマンガ
先週号の「週刊少年チャンピオン」にてホモマンガが打ち切られたと思ったら、今号で”悪徒 -ACT-”がホモマンガ化していて、あぁ、そういう枠での争いに負けたのか、と。(違


という訳で本日は”釣り屋 ナガレ”第2話のレビューを。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」


[前回のあらすじ]
竹下氏:再び理想のロリを描く為に!”かるた”再開成就の為に!
「週刊少年チャンピオン」よ、私は帰ってきた!


[今回のストーリー]
という訳で、釣りをやったコトのない槙江お嬢様は、死に際のじいさんの願いをかなえる為に「自分で釣った」アオリイカを食べさせるコトになりました。
そして釣りに関するコトならなんでもお任せの氷馬に依頼するのだった。

そして、早速釣りの指導が始まりました。
とはいえ、お嬢様は釣りなどやったコトのないシロート。アオリイカを釣るには早すぎます。
という訳で、釣りの基本を教える意味を込めて、ハゼ釣りに挑戦です。

DSC06324.jpg
まずは基本から

まぁ、釣りを体験してみるのも重要です。
私は海釣りはあまり詳しくはないのですが、ハゼというのは海釣りの基本らしいです。
よく釣れる為でしょうかね?
お嬢様は、ハゼすらも知らなかったようですし、アオリイカではないコトに不満があるみたいですが。

とりあえず手本として氷馬が釣って見せました。
釣り始めてすぐに釣ってしまった氷馬。

DSC06325.jpg
ハゼ釣り上げ

お嬢様は、ハゼの外見がお気に召さない様でしたが。


そして今度はお嬢様の番です。

DSC06326.jpg
初釣り挑戦

釣りのコトなど何も知らないお嬢様は、ただ竿を垂らしているダケでしたが、ハゼはそれでは釣れないようです。
エサを小まめに動かさないとならないらしく、氷馬に手取り足取り腰取り教えてもらって、ちょっとドキドキ。1部私の脳内妄想が入っている気もしますが、気にしない方向で。
そしてお嬢様、ハゼ釣りに成功しました。

DSC06327.jpg
マテ、コラ



……

…えーっと…
夏の暑さで竹下氏の頭がどーにかしてしまったのでしょうか?
服を描くのを忘れた様に見えるのですが…
ソレとも頭がどーにかしてしまったのは私の方なのかね?
服が見えなくなってしまったのですが…

いや、まて。
天下の「週刊少年チャンピオン」だぞ?
ロリっ娘の裸なんか描ける訳ないぞ?
だって少年誌だよ?少年誌なのに幼女の裸なんて…


”GAMBLE FISH”より
今週号の別のマンガその1


”マイティ・ハート”より
今週号の別のマンガその2



あ、安心しました。
やっぱり「週刊少年チャンピオン」でした。
私の目も頭もどーにかしていませんでした。

まぁ、とにかく初めて魚を釣り上げたお嬢様。
その衝撃を!感動を!シビれる感じを!
演出する為なのでしょうが…
裸というのはアザトイ、アザトイよ、作者様!

DSC06328.jpg
釣り上げた感動

こうしてお嬢様は魚を釣り上げた訳ですが、釣りが好きになった様です。
もっと釣りたい!と言い出すお嬢様。

さて、魚を釣るにはエサを付けなければいけない訳ですが、今回の釣りでは「青イソメ」を使用していました。
青イソメというのはミミズに似た虫で…
1目見たお嬢様が嫌悪感を抱いて逃げ出すレベルの虫ですね。

DSC06329.jpg
イヤがるお嬢様

お嬢様はニョロニョロしたモノが苦手らしい。
何かで見た話なのですが、人というのは得てして、足がない動物か足がたくさんある動物か、そのどちらかを嫌悪するらしいのですが、お嬢様は足がない方がイヤなのでしょうかね。
まぁ、ムカデを見ても逃げ出しそうな感じですがね…

砂原がエサは私が付けると言いますが、氷馬はダメだし。
エサ付けも含めて「自分で釣った」と言えるのだ、と。
まぁ、前回の話でもじいさんがそんな風に言ってましたしね。
そして、エサ付けも含め、ハゼ10匹というノルマが課せられてしまいました。

DSC06330.jpg
ノルマ

何とかしてエサを付けようとするのだが…
ニョロニョロが苦手なお嬢様は、身体が、脳が、完全に拒否して触るドコロか見ることすらままならない。

DSC06331.jpg
悶絶するお嬢様

お嬢様が悶々としている頃。
砂原は、お嬢様を心配そうに見守って…



DSC06332.jpg
お嬢様ほったらかし

…は、いなかった。
折角だからと氷馬にススめられて自分も釣りを始め、釣りにのめりこんでいた。
砂原さん、素敵♪


さて、砂原さんを見ていた氷馬が、お嬢様の方を見てみると、どうやら釣りを再開した様子。

DSC06333.jpg
再開

無事にエサを付けるコトが出来たのかと思ったのですが、どうやらそうではなかった様子。
お嬢様は前回、氷馬がアジを釣るのを見ていた。
その時、氷馬は針にエサを付けてはいなかった。
お嬢様はソレをシッカリと目撃していたのだ。
針についていたのはエサではなく、エビみたいな何かだった。
ならば。
エサではなくても、エサみたいなモノならば、釣れる。
イヤな思いをしてまで、ミミズモドキに触る必要はない!
そんなお嬢様がたどり着いたのは。

DSC06334.jpg
毛糸で釣り上げる

毛バリ。
要するに疑似餌。
釣りを知らないお嬢様だが、少ない情報から自分で毛バリを作ってしまったのだった。
氷馬にも褒められて気をよくしたお嬢様だったが、毛バリで釣るのは、エサで釣るよりも技術のいるコトだったのだ。

DSC06335.jpg
壁は高い方が良い?

だが、その方が面白そうだと、毛バリで釣りを続けようとするお嬢様。
まぁ、ミミズモドキに触りたくないダケだろ…
というツッコミは禁止です。

しか~し!
氷馬は、ちょっぴりイジワルだった。
実は、青イソメじゃなくてもハゼは釣れるのだった。

DSC06336.jpg
エビでも釣れる

解っていながら、イヤがるお嬢様を見たかった、と。
アレか?好きな女の子をイジメてみたくなるっていう、小学生男子特有のツンデレ?
ついにラブ要素が…!?
うん、ないな。絶対無い。
ただ単にカラかっているダケかな。まぁ、今はソレでいいや、今は。

こうして3人で夕暮れまで釣りを楽しむのだった。

DSC06337.jpg
釣り風景

何というか…
異様な光景ですなぁ。
明らかに風景に溶け込んでいる釣りバカと、完全にういているメイドさんとお嬢様が仲良く釣り。
傍から見たら…
近寄りがたいというか、近づきたくないというか…
いや、砂原さんにはお近づきになりたいのですが。
うん、異様な光景。


さて、釣果は大漁でした。
そして、氷馬はその場でハゼを調理し始めました。
手際よく魚を捌き、手際よく調理器具を用意し、馴れた手つきで調理をこなし、あっという間にハゼはテンプラに。

DSC06338.jpg
テンプラ

初めての食べ物に、恐る恐る口を付けたお嬢様だったが、その感想は。

DSC06339.jpg
満面の笑み

どうやらお嬢様はお気に召したご様子。
そして理解するのだった。
釣り人が、おじいさんが好きだったのは、コレなんだ、と。
自分で釣った魚を、その場で食べる。
雰囲気を、釣りそのものを食べるとは、こういうコトなのだ、と。

DSC06340.jpg
釣りを楽しむ

こうしてお嬢様の釣りデビューは上々のままに幕を閉じ、次はいよいよイカ釣りに挑戦!?

といったトコロで次回へと続く。


[感想とか]
お嬢様の百面相がカワイすぎる…!
驚いたり、喜んだり、ドキドキしたり…
だが、1番は何といってもミミズモドキ(青イソメ)を見た時の、1連のイヤがっている表情だろう。
青ざめたり、涙目だったり、悲鳴を上げたり…
竹下氏、絶好調!
さらに、演出とはいえ、裸を描くとかね、もうね、やりたい放題だな、オイ。
いや、確かにね?
初めて釣りをやって、初めて釣り上げた時の喜びを表現する方法としては「電撃が突き抜けた様な」感動はあるよ?
巧く表現できていると思うよ?
だが、裸はないだろう、裸は。やるなら砂原さんの方だろう…


初めて釣りに触れたお嬢様を通じて、釣りの楽しさを表現するコトには成功していると思う。
初めて釣り糸を垂らした時のドキドキ感、初めて釣れた時の感動、自分で釣った魚の美味しさ。
竹下氏が描きたいのは、釣りの楽しさなんだと思うが、今回は見事にハマっている。
読みきり時のように、釣る為の方法を考えたり、もしくは釣り勝負みたいな話も面白くて良いのだが、こういう「釣りは楽しい」「釣りをしよう」みたいなマンガも良いものだ。

さて、次は本命のアオリイカに挑戦するのかな?
そして、お嬢様はイカを捌くのかもしれないな。
氷馬が、自分で捌けとか言いそうだしなぁ。
氷馬が調理しているのを見ていたお嬢様のセリフを見ていたら、そんな気がしてきた。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”極道めし”3巻 ”ビーチスターズ”6巻
コメント一覧
Hiyuki
2話目にして暴走し始めたのかと思いましたが、他もまあ似たようなものなので安心(?)しました。
あえてちっちゃいほうを裸にするのは竹下氏の真骨頂ですね。

いきなりイカ釣りに行くかと思ったら、結構引っ張りそうな感じですね。
餌は女の子なら避けては通れないネタですね。毛ばりで解決するのは初めて見ましたが。
あえてイソメを使わせたのは覚悟と試したということろでしょうか。

今回は、お嬢をいぢくり放題という感じですね。
次回は何釣りでしょうか楽しみです。
URL 【 2008/08/08 22:52 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
いや明らかに暴走でしょ
前作の反省からか好きカッテに描いている部分が多いみたいだし

エサネタは定番ですね
覚悟を試したのかどうかは解りません
ただ作者のシュミというのは間違いないと思います
お嬢様のイヤがる表情は良かったですよ…

次回予告ではイカ釣りとなっていますが…
どうなるかは解りませんね…
URL 【 2008/08/10 04:11 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。