い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/08/24(日) 03:01 コミックレビュー
オリンピックの野球はダメだな。
個人的な見解だが、プロが行かない方が良い結果が出た気がする。
連投が出来ない投手陣、実績という理由で選ばれる怪我人、怪我を恐れて思い切ったプレイが出来ない等…
初めからダメな要素は満載だったのではないだろうか?


さて本日紹介するマンガはコチラ。
でびるなえびる
双葉社刊/倉上淳士氏


[作品概要]
世界の経済を牛耳っているといわれる神威無(かむいな)財閥。
その令嬢である神威無えびる。そのお嬢様が何の戯れか、庶民の高校へ転入してきた。
そこでもお金の力を使ってやりたい放題。
しかし規律と秩序を愛するクラス委員の天童征詞郎(てんどう・せいしろう)は、その振るまいが許せない…
えびるはそんな態度の征詞郎が気に入ったようだが―――?


[参考記事]
1巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて、何故だか天童が気に入ってしまったえびる様と、えびる様のモノを奪ってえびる様をヘコましたいアンナの天童争奪戦が始まりました。
えびる様は、アンナの色仕掛けに、ちょっとよろめいていた天童が許せないみたい。

DSC06519.jpg
えびる様、ご立腹?

そうして天童にチョッカイをかけているアンナ。
次なる作戦は、天童に対するお弁当攻撃でした。

DSC06520.jpg
手作り弁当

性格はあんなでも、一応は大財閥のご令嬢ですからね。
そんな令嬢の手作り弁当。
アンナの弁当の出来栄えはいかに!?
そのお弁当の中身は、ご自分の目でお確かめください。


さて。
そんな様子を見ていたえびる様。
天童がアンナの弁当を食べているのがお気に召さないご様子。
次の日、えびる様も弁当を作って持ってきたのだった。

DSC06521.jpg
えびる様の手作り弁当

えびる様は以前、自分のカレーパンを食べた天童に対し、1000万円を要求している訳で、今度ばかりは騙されないぞ!と、初めは食べるコトを拒否する天童。
まぁ、当たり前といえば当たり前なのだが…
えびる様は、そんな天童の態度が悲しかった様で…
やはりこの辺りに、ラブコメとしての片鱗が見えますなぁ。
大変ケッコウなコトで。


さて。
アンナが天童を陥落する次なる作戦は、外堀作戦。
つまりは、天童の身内を使って自分の高感度を上げるという作戦なのだが、その身内の代表として選ばれたのが、弟の真吾だった。
まぁ、天童の両親は既にえびる様に傾倒している訳で、唯一天童の味方といえる真吾に目をつけるのは当たり前だったのだ。
真吾は、ミニ天童ともいえる性格であり、兄同様にえびる様に敵対心を持っているので作戦自体は悪くは無かった。
早速、弟にアプローチをかけるアンナ。

DSC06522.jpg
弟に接触

だが、アンナの性格にも問題があった。
そもそもアンナとえびる様は似たもの同士。
普段いがみ合っているのも、同属嫌悪とも言える訳で。
そんなアンナの野心など、ミニ天童とも言える真吾に、簡単に見抜かれてしまうのだった。

DSC06523.jpg
小学生に見抜かれる

小学生にえびる様と同格扱いされてホンキで怒ったアンナは、小学生相手にホンキを出すのだった。

DSC06524.jpg
何この絵面?

小学生相手にホンキって…
もう、この辺りまでくるとアンナの株が大暴落っていうレベルでは済まされない気がしますが…
黒服さん達も、雇い主がアホだと大変ですね…

さて、こうして捕まってしまった真吾ですが、本格的にピンチ!というトコロで、えびる様の護衛のメイド、由良さんに助けられました。

DSC06525.jpg
由良さん

こうして真吾は、謀らずもえびる様に(というか由良さんに)傾倒してしまうのだった。

DSC06526.jpg
外堀、埋まる

両親に続いて、最後の砦だった弟の真吾まで…
えびる様、謀らずもアンナに勝利!

っていうか、真吾。
完全に由良さんにオチているのですが。
何たるマセガキ!
由良さんの方も満更ではない感じ?
1巻ではユリっぽかった由良さんが、今度はショタシュミですか?
何なんでしょ?ホントは子供好きなのか?面倒見は良さそうではあるが。メイドだし。


さて、この巻には他にも。

DSC06527.jpg
取り乱すえびる様

歩いての下校中に、偶然通りかかったパン屋で、カレーパンが売り切れそうになってオロオロしているえびる様が拝めたり。
いや、しかし、この時のえびる様は妙にカワイかった。


DSC06528.jpg
管財部の三条さん

最近のえびる様の金遣いの荒さに、管財部の人間が査察にやってきたのだ。
そしてえびる様の運用資金(平たくいえばお小遣い)を減らされる危機!?
小遣いが少なくなれば、えびる様が好きカッテ出来なくなるだろうと考えた天童は、一計を案じるが?

この話では、ちょっとブラックな天童が新鮮だったかな。
後、えびる様の天童に対する想いが少しダケ明らかにされた感じか。


DSC06529.jpg
体育祭

そして体育祭の話。
本来なら同じクラスなので、同じ組のハズだったのだが、えびる様と対決する!というダケの理由で体育祭の日限定で隣のクラスに引っ越していったアンナ。
こうしてはれて敵同士となったえびる様とアンナ。
その勝負の行方は!?
そして、単なる体育祭がトンでもない方向へとススんでいく!?
結末はご自分の目でお確かめください。


さて、その体育祭でのちょっとした出来事によって、天童とえびる様の仲が険悪になってしまう。
初めは些細なコトだったのかもしれない。
だが、2人とも頑固な性格なので、僅かなわだかまりが、コジれにコジれた結果。

DSC06530.jpg
夫婦喧嘩?

何かもう、絶交1歩寸前って感じ?
夫婦喧嘩は犬も食わないとは言うが…
オチも面白くてよかったかな。


さて、このマンガもこの巻でラスト。
ラストというコトは、当然最終回がある訳で。
最終回では、天童の誕生日がやってきます。
ソコでえびる様は天童にプレゼントを贈るコトにするのだが…

DSC06531.jpg
悩むえびる様

悩みに悩んで、そして天童に贈ったプレゼントとは!?
そして、この物語のラストは!?
結末はご自分の目でお確かめください。


さて。
最終巻ではありますが、作者が別の作品を描く為に一休みというコトらしいので、もしかしたら第2部があるかも、しれません。
まぁ、確かに第1部・完という意味では良い終わり方をしているのかもしれませんが。
私としてはもう少しこのマンガを読んでいたかった気もしますので、第2部、楽しみにしています。

2巻ではラブコメ要素が強まってきた感じですかね?
えびる様が天童に対する想いを仄めかしていたりねぇ。
あと、個人的に注目なのは、由良さんと真吾の訳ですが。
恋仲というよりかは剣の師弟といった関係ではありますが。
しかし、真吾は完全にホれてるだろ、コレ。
マセてはいますが…
年上のおねーさんに憧れるのは、しょうがないコトなんです。
いや、この2人の関係にも注目ですよ!


という訳で、いづれの日にか、第2部が始まるコトを願いつつ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
週間マンガ感想第17回 「チャンピオンREDいちご」Vol.9感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。