い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/05
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2008/09/02(火) 23:44 ヤンチャン烈
もう、遅れに遅れまくり、今更感すらありますが、ようやく読破したので、感想書きました。
最近はゲームの方に多くの時間を割いてしまっているので(しかもFC)、マンガの読量が減っています…
ツミゲーは減ってもツミ本が増える。
アホだな…


という訳で本日は「ヤングチャンピオン烈」Vol.14の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想
Vol.4感想
Vol.5感想
Vol.6感想
Vol.7感想
Vol.8感想
Vol.9感想
Vol.10感想
Vol.11感想
Vol.12感想
Vol.13感想


[たんぽぽ]
瀬口たかひろ氏にしては、比較的おとなしめの話だなー。
もっとこう、変態的なのを期待したのだが…

真理絵って、アレか!?
別れ話を持ち出しておきながら、引き止めて欲しかったのかな?


[NIGHTMARE MAKER (ナイトメアメーカー]
冒頭の茅野先生が相変わらずカワイすぎますな。
人気上昇も当たりまえだっつーの!
あの状況で入ってきたのが灯明で良かったね。
もし男子生徒だったらアレな展開になってしまいますからね。うん、素直に黄色い楕円形マークの付いた雑誌へ行け的なね。
灯明はその辺り、まるで動揺もせずに、追求もツッコミもせず、大人な対応だ…
茅野先生は慌てまくりでカワイイ反応なのに。まるで中身の年齢が逆みたいだよ。
やはりこのマンガのヒロインは茅野先生。

茅野先生にしろ渡会にしろ隆也にしろ、夢見装置の虜になってしまった様だ。
香奈や灯明が心配する様な状況になるのは時間の問題だな。
度会も隆也も夢と現実がゴッチャになり始めているし、夢の世界にとらわれ始めてきている。
この機械を前にして現実世界を選ぶ人間だったら、そもそも夢には頼らないっていう話だしねぇ…

この問題を解決する手段って、灯明が内田とヤるしかないんじゃないか?
そもそもの目的がソコにあるんだし…


[まじらぼ]
太るジャガイモ…
新鮮すぎる…!

そりゃ、一緒にお風呂に入れなくなったら、必死になって痩せるしかないわな!
当たり前の動機だろう。


[ひめごと]
屋敷にいメイド?達は、幽霊とか妖怪とかいった類の存在なのだろうか?
後半が楽しみになってきたね。

まぁ…
この作品の最大の問題点は、シチュ的ではなく絵的にエロさが乏しいトコロか。


[SCHOOL MATE]
未来は確かにアピールをしている気はする。
相手に気づかれていないダケで…
だが、言動自体はツンデレそのものなので、あさひさんは未来の性格をよく見ているというコトなのだろう。

もう、このマンガは紗月のカワイさが全てですからね。
いや、まぁ、私にとっては、だケド。
緊張&真っ赤な紗月がとっても良い。
しかも現実をよく見ているうえに、計画性までバッチリだ。
だが、時間が経てば、珠樹にも相手が現れないとも限らない。特にあさひさん辺りが怪しい。
そういう展開にならないかね…?

未来は…
言いたいケド言えない。
ホンキだったとしても、冗談でとおすしかない。
そういう関係なんだよなぁ、兄妹だから。
そういう関係に、歯がゆさや悔しさがたくさんあるのだろう。
だから、歳の差以外の障害が無い紗月が羨ましいと同時に、自分の気持ちを伝えないコトに不満があるのかもしれないなー。


[獣臣蔵]
戦う覚悟を固めた直後に、襲撃を受けて大半が何もせずにリタイアって…
コレでもう、汚汚奥メンバーが戦うしかなくなったのか…

とか思っていたら、目下のラスボスが自ら攻めてきやがった…
完全に序盤の敗北確定イベントにしか見えないね、この展開。


[お気に召すままご主人サマ]
相変わらずの駄メイドぶりを遺憾なく発揮しまくるリン。
メイドどころか女としても既に終わった感じがするのは何故…?
寝相とか下着チョイスとか、その辺りに原因があるのは間違いないな。

そして前回登場したのはリンのお姉さんだったらしい。
お姉さんの登場が何をもたらすのか、楽しみですね。

しかし…
結局ジャマが入って、最後まで出来ないのね。
お約束といえばソレまでなのだが…
スンドメの2歩くらい手前の状態だからなぁ…
その辺りにこう、クるモノがないんだよなぁ…
もうちょっとイってから止められた方が、良かったかな。


[7代目のとまり!]
この呪いが本当だとして、確かに対象者には苦しめる効果があるのかもしれないが、偶然選ばれた側にも苦痛を与えている様な…
京子は京子で、ヤバい思考の持ち主みたいだし。

しかし、とまりも大概でいい性格してるよなぁ。
呪いに対抗するためにこんな性格になったとも考えられるが…

学校でえっちする場所が、屋上か体育倉庫に決まっているって…
他にもあるだろ…
保健室とか自分達の教室とか特別棟のトイレとか旧校舎とか…
うん、ドコも現実的じゃないね。
厳密に言うと体育倉庫も現実的ではないのだがね。

最後のコマ。
京子のヤンデレ化フラグにしか見えないが…
次回で最終回だし、どうなるのかな?
△カンケー続行か、3○で収まるのか…


[ヴォイニッチホテル]
何かもう、前回とのつながりがない気がするのだが…
確か前回って、ボイラー技師のトコロにたどりついた辺りで終わっていなかったっけ?
いや、記憶が定かではないので、確かなコトは言えませんが。

ようするにオテンバは自分が団員の中のアイドルじゃないと気がすまないってコトなのかね?
ベルナは見た目が目に優しいからなぁ。

しかし、中身はどうなんだろ。
あの着メロ(?)は、とっても個性的だな。


[ごすこん]
もしかして亜璃って、ボクシングをやっていたコトがあるのだろうか?
本当の実力を発揮できずに消えていった感じ?

ヌドゥとかいう物体が、触手にしか見えない私は何かが病んでいるのだろうか?
対戦相手を緊縛状態に…
とか想像(妄想)していたら、暴走したヌドゥはその遥か先をいっていたよ…

ヌドゥの真の力とやらも気になるが、その前に実際問題として立ちはだかるのは服の問題だと思う。
今回の説明を聞いていると、亜璃はゴス服を着ているうちは問題ないというコトは、試合中に相手の攻撃で服が破けたら(そんなことが起こりうるのかはしらないが)、暴走する危険があるというコトだよね…?
いずれはそういう展開もありうるかもしれないな。


[EVILIVE ~イビリブ~]
ビーブリ対ジエンドは、ジエンドが圧勝。
初めは人間の身体を使っているからだと思ったのだが、悪魔状態になってもやっぱり負けているし。

そして、ベルフェゴウル、再び本来の力を解放!
この展開は熱い!
次回、ベルフェゴウル対ジエンドになるのだろうが、どういう決着が付くのかが楽しみだ。


[+-0(ぷらまいぜろ)]
プラスもマイナスもゼロ=等価交換って、まさかほぼ全財産を取られた代償がフ○ラのみというコトかね?
まぁ、本人が納得しているのなら問題は無いのか。


[恋愛そんぽ!]
そろそろこのマンガも終盤にはいってきたか。
妹をもってしても蓬田を止められないとなると、主人公が何とかするしかないんだがなぁ。
肝心の滝沢がこの体たらくではなぁ。

しかしこの展開…
どうなるんだろうね?
何かをやってくれそうな人がいるとしたら、大木かな?


[クロとマルコ]
実に平和な話だな。
舞台が宇宙であるというコトさえ除けば、特になんでもない話なんだよなぁ。

ガニメデ人は男女の役割が逆らしいが、ソレは体つきの違いによるものなのだろうが、地球人と比べて筋肉の付き方のみが逆だと考えてもいいのだろうか?
ジュリンが男だと知った時の私のショックははかりしれないゼ?


[次回予告]
東鉄神氏の”夕日の落ちる時間”第3弾が登場予定。楽しみすぎる。
しかも巻頭カラーだというから期待大!


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美晴・ライジング”3巻 週間マンガ感想第18回
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する