い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2021/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2022/01
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2006/04/28(金) 05:48 コミックレビュー
イケてる刑事
少年画報社刊/佐野タカシ氏

かつて「キングダム」にて連載されていた本作ですが、雑誌の休刊と共に最終回を迎え、しかもページ数の都合でコミック化されませんでした。
しかし、「ヤングキング」にて復活し、不定期ではありますが、何度か掲載されて今回ついにコミック化されました。
それを記念しまして、この作品の紹介を。

[作品概要]
愛浜署に配属された近藤武刑事。通称コンドーム刑事。
愛浜署は9割以上が女性の警官で構成されており、女性が絶大な権力を持っていた。
まったく相手にされない近藤。そんな中で彼女達の信頼を得る為に努力と精進の日々を送る。


[この巻のあらすじ]
さて、この巻では初めの3話で「キングダム」の連載分が終わります。それと共に近藤はロス市警に出向となり、近藤編は完結します。
で、新しく愛浜署に転向してきた沖田刑事が主役となります。
勿論まったく認められない沖田クン。そんな彼の奮戦が中心となっています。


[個人的な感想]
沖田は近藤とは正反対の性格です。近藤がパワフルだったのに対し、沖田はヒョロヒョロです。まあ、やる時はやるんですが。
で、なぜか毎回毎回女装させられて事件を解決、となります。
個人的に言うと近藤の方が良かったな、と。
女装も微妙だし、情けないのは見ていてなんだかなぁだし。
しかし、事件解決のシーンはなかなかイイ感じです。
それまでのフラストレーションを一気に放出する感じで。

後、なんていってもこの作者のエロが凄く好きなので充分満足かな。

私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”ドラクエ5”日記Part.2 藤木俊氏の新作読みきり
コメント一覧
通りすがり
ははは、いまさらコメントってのもあれですけどね・・・

自分は最近イケてる刑事全九巻一気に読んで、連載とか知らなかったので9巻目で急にコンドームが消えたのにすっごくがっかりしてます。

むしろ腹が立ってます。

休刊とか関係あったんだ・・・
ってそれよりもそれなりのエンディングを作って欲しかったかと・・・
惜しい感じでいっぱいです。

このつまらないコメントを読んでくれてありがとうございますw
URL 【 2007/08/03 08:46 】 編集
名無しG
>通りすがりさんコメント有難うございます
いや寧ろこんな昔の記事にコメントしていただき嬉しいです

近藤がいなくなった話が実質の最終回ですからね
沖田編はコミック用の描き足しだと思ってます
基本的に読みきり形式で掲載されたのであんな形になり
コミック分が溜まったので終わったというイメージですね

沖田は近藤とは正反対のタイプですからね
個人的に好きになれませんでした
URL 【 2007/08/04 09:42 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する