い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2021/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2021/12
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2008/09/29(月) 02:17 週間マンガ感想
F・O・Gの新作ゲームがベールを脱いだ!
その名は”夢想灯籠”。
伝奇アドベンチャーというコトで期待が高まるのですが、PSPというコトなので、私としては微妙。
微妙っていうか、PSP持っていないというコトなのだが。
まぁ、PSP本体が無いのに、ソフトのみ5本所持しているという、完全にムダ遣いだろ状態だから、今更1本や2本増えたトコロでどうということは無いのですが。
しかし、F・O・Gの新作だからなぁ。
ホンキでPSPの購入を検討しなければならない時期がきたというコトか。
さて、どうするか。


さて本日は週間マンガ感想、2008年9月の4週目です。




さて本日最初の紹介は「ヤングチャンピオン」20号の”18倫”です。
毎度おなじみのこのマンガです。


さて今回。
何と倫子の考えた企画が、遂に通りました。

DSC06893.jpg
企画が通る

ちなみに倫子が初めて提出した企画内容は「お花畑で男女がおしべとめしべについて語る」とか何とかいう感じだったと思います。
そんな内容など、当然通る訳もなく、その後何度も企画を出していますがことごとく却下され続けていました。
そして今回、遂に企画が通ったという訳です。

ちなみに、バール企画では企画を考えた人間が監督をやる決まりらしいのです。

DSC06894.jpg
倫子、監督デビュー

まぁ、企画というのは自分がやりたいモノを書く訳で、現場で自分が表現したいモノを指示しなければお話にならない訳ですから、監督をやるというのは自然な流れなのでしょう。
ちなみに今回倫子が出した企画の内容がコチラ。

DSC06895.jpg
倫子の企画

100年の眠りについているお姫様を王子様が起こす、という倫子らしいメルヘンチックな内容となっております。
こんな内容のAVなど売れるのか疑問ですが、倫子が希望するキャスティングは本並ゆなと筒井彩乃の2人。
トップAV女優とバール専属の元アイドルです。
豪華すぎるキャスティングです。
この2人を同時起用すれば、どんな内容だろうが一定の売り上げは確保できます。

だがこの2人。
トップAV女優と元アイドルというコトから解るかもしれませんが、かなりワガママです。
基本的に2人共単体の仕事にしか出演しません。
そんな2人が共演…

実現するのは難しそうですが、この2人は倫子と仲が良かったりするので、倫子の初監督作品といコトもあり、夢の共演が実現したのでした。
正に倫子にしか出来ない豪華AVになるのだった。

実は社長は、倫子に経験を積ませる為に、企画を通したのだった。
何せ、この2人が出さえすれば、どんな内容だろうと売れるのですから。


さてこうして企画がススみ、いざ撮影本番の日。
倫子のお願いとあって出演を承諾した2人ではあったが、基本的に自分がNO.1だと思っている2人です。
何事もなく終了する訳などあるハズない!

DSC06896.jpg
いがみあい

会って早々に自分の方が上だと主張し始める2人。
罵り合いに睨み合い。
撮影開始前から問題ばかり。

そして、どちらが上かの判断は、最終的に倫子に委ねられるコトに!

DSC06897.jpg
修羅場?

完全に二股ヤローに見える倫子。
こんな調子で撮影は出来るのか!?
その注目の出来栄えは!?

続きはご自分の目でご確認ください。


という訳で、倫子、AV監督デビュー。
倫子のみに可能な豪華共演だからという理由で企画が通ったのに、そのコトが原因で撮影現場は大混乱!
ある意味当然といえば当然なのだが…
いや~、面白い。
笑ったなぁ。
倫子の企画内容もそうなのですが、何といってもゆなと彩乃のいがみあいが面白い。
この2人、完全に近親憎悪だよなぁ。
見た目には倫子を取り合っている様にしか見えないのもまた良し!




さてお次は「コミックハイ!」10月号より”きみといると”です。
当ブログでは初めての紹介となります。
今回が第3話。
ざっとあらすじを紹介すると、喫茶店でトイレを借りた主人公の岩井クン。
その喫茶店のバイトの女の子が気になり始める。
そして何度か通いつつ、少しずつ距離を縮めていっている感じのラブコメです。

そして今回。
買い物の手伝いをする岩井クン。

DSC06898.jpg
荷物もち

いや~、青春ですねー。
他愛の無い会話に、他愛の無い出来事。
だが、本人にとっては無いものにも変えがたい貴重な時間。

そして、遂に山河さんの携帯電話とメールの番号をゲットするに至る!

DSC06899.jpg
番号ゲット

その時のコトを思い出し。
番号を教えてくれるというコトの意味を考え出し。
部屋の中で1人転げまわる岩井クン。

DSC06900.jpg
奇行

傍から見たら単なる奇行なのですが…
いや、コレは解る!
解りすぎるくらいよく解る。
気になっている女の子の電話番号を教えてもらったらどうしていいのか解らずに、部屋を転げまわるモノなんだよ!
じっとしていられないんだよ!
でも外を走り回る訳にはいかないから。
だから部屋を転げまわるんだよ!

本当にメールを送っていいモノなのか?
何を書いたらいいんだ?
そうやって悩むんだよ。

送ったら迷惑がられないかな?
気の利いたコトを書かないと嫌われるかな?
そうやって迷うんだよ!

だから転げまわるしかないの。
身体を動かしていないと余計なコトばっかり考えちゃうから。

そして悩んだ末に、無難な内容(簡単な挨拶)を書いて送信する岩井クン。
だが、待てども待てども返事は来ない。
返事を待っていたら徹夜してしまった。
コレもまた青春。

返事がこないのでまた悩むんですよ。
やはり迷惑だったのか?
ダメな内容の所為で愛想をつかされたのか?
いや、まだ見ていないダケだろう。
なんてね。

そして肝心の山河さんだが。

DSC06901.jpg
山河さん

実は、もらったメールの返事に何を書こうかで悩んでいたのだった…


いや~、このマンガは面白い。
いや、面白いっていうか、ドキドキ度がスゴいコトになってます。
このマンガ、決して好みの絵とは言えないのですが、だからこそ逆に話の面白さがストレートに直撃する。
絵に誤魔化されずに、純粋に話を読んでいる訳だからね。
いや、もう、ホント。
岩井クンの気持ちが解りやすすぎて。理解しやすくて。共感できるっていうか。
恋愛1歩、いや2歩手前くらいの、1番悩んでドキドキしてっていう状態な訳ですよ。
姿を見たダケで胸が高鳴って、巧く話しかけられなかったり、他愛の無い会話が至福に感じられたりっていう状態。
そんな関係が巧く描けていて、素晴らしいマンガです。
今後に注目ですね。



スミマセン。
ゲームが忙しいので単行本の紹介は見送ります。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”ブロッケンブラッド”3巻 ”マイティ・ハート”4巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する