い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/11/06(木) 23:26 その他のマンガ
日本シリーズは巨人が王手。
第5戦は原監督の采配が悉く的中した感じでしたね。
一方の西武はエースで敗戦という痛手ですが、さてどうなるのかな?
楽しみですね。


さて本日は”釣り屋 ナガレ”第14話のレビューを。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」


[前回のあらすじ]
生意気なアイツは女の子!


[今回のストーリー]
さて前回はルアーでアユを釣り上げ、生意気なアイツも氷馬のコトを認めました。
さらにアイツは、花宮怜音(かみや・れいん)という名の女の子だった!

そして前回のラストは、氷馬が怜音の録音シーン(おトイレ)を覗いてしまった辺りまででした。
そして注目の今回。

DSC07246.jpg
必死に否定

そんな必死に否定しなくても…
生理現象なのですから恥ずかしがるコトなんかないのに。
っていうか、氷馬はデリカシーがなさすぎです。
こんなのが主人公ではラブ展開は望み薄です。残念です。

さて流石に野外でトイレなどとは言い出せない怜音、着替えていたダケだと言い張り、そのまま怒って帰っていってしまいました。

DSC07247.jpg
流石に怒り気味

そうして怜音が帰ってしまった後、氷馬が何かを見つけました。

DSC07248.jpg
落し物

竿です。
何と、釣り人にとってもっとも大切な釣竿を忘れていってしまったのです。

…怜音は本当に釣り人としてのプライドがあるのかね?
まぁ、ドジっ娘だと思えば、ソレはソレでイイ♪のか。

しかし氷馬が呼んでも返事はなし。
既に行ってしまったようです。
仕方なし氷馬は届けるコトにしました。
かといって家など知っているハズもなし。
先ほどの釣具店で聞いてみると、店主は知っているようでした。

DSC07249.jpg
知り合い

まぁ、釣りがシュミなら釣具店にも頻繁にやってくるのだろうし、何よりこの店は怜音に教えてもらった店です。
そして、聞くトコロによると、旅館の1人娘だそうです。
今回釣っていたアユも、その旅館で出す為に釣っていたみたいですね。

ちなみに店主の情報では、この竿は20万円くらいするらしい。
道具に金をかけるとは、完全にシュミ人ですな。


そして氷馬は件の旅館にやってきました。

DSC07250.jpg
怜音のお出迎え

釣竿を届けてくれたお礼がしたいというので、氷馬はアユを焼くための火と、温泉を借りるコトにしました。

DSC07251.jpg
アユの炭火焼

こうして氷馬はアユの炭火焼の入手に成功しました。
お礼というコトで、少し数を多めにしてもらってご満悦の氷馬。
お味の方はというと。

DSC07252.jpg
満足顔

とても美味しいらしいです。
流石に魚を食べなれた氷馬だからか、いくら初めての味とはいえ、衝撃で裸になるといったような演出は描かれませんが…

ちなみにアユの塩焼きは本当に美味しいです。
食べたコトのない方は、1度食べてみるといいと思いますよ。
魚が嫌いな人にはオススメはしませんが。


さて氷馬はお座敷を借りて食事をしている訳ですが、この旅館の名物?である剣舞が始まりました。
舞手は旅館の1人娘である怜音です。

DSC07253.jpg
剣舞

氷馬はアユの泳ぎを表現しているこの舞をたいそう気に入った様子。
そして、全国を旅する氷馬は、また旅を再開します。
今回は流石に、旅館には泊まらなかったみたいです。
去り際に、怜音は昔使っていたというアユ竿を氷馬に差し出すのだった。

DSC07254.jpg
アユ竿

こうしてまた思い出の品が1つ増え、氷馬は全国の海を渡り歩く旅に出るのだった。
という辺りで次回へと続く。


えー、という訳で花宮怜音編は終了です。
あ、間違えました。アユ釣り編でした。
お嬢様からは携帯電話。鈴木君からは手作りルアー。そして怜音からはアユ竿と、順調に貰い物が増えていきますね。
シリーズが終わる毎に、こうした思い出の品が増えていくのでしょうか。
その辺りも楽しみですね。


さて、私が望んだラブ展開はまるで訪れません。
お嬢様から電話がかかってきて、怜音が出て、お嬢様がヤキモキするという黄金の展開はなかったですねー。
残念です、いや、実に残念。
まぁ、その前に怜音が氷馬に陥落していないのですから、どうしようもないのですが…
陥落する要素がないのですから、当然といえば当然なのですが…


さて、巻末の作者コメント。

DSC07256.jpg
作者コメント

是非!
是非やっていただきたい!!
もしくは、お嬢様&砂原さん外伝も読んでみたい。
単行本、楽しみにしていますよ!(順調なら12月に発売するみたいです)


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
「ヤングアニマル嵐」No.12感想 「チャンピオンREDいちご」Vol.10感想
コメント一覧
いくろう
はじめまして。
毎回竹下先生の作品への詳細なコメントを楽しく読ませてもらっています。
さて、既にご存知かもしれませんが、「ナガレ」は次回でいったん休載。
竹下先生のブログでのコメントですから、残念ながら確定ですね…。
「あまガミ」との両立が難しくて、「ナガレ」は描き溜めてからまた再開するとか。
そのときは、ぜひぜひ「お嬢様&砂原さん外伝」を読みたいものです。
URL 【 2008/11/11 23:17 】 編集
名無しG
>いくろうさんコメント有難うございます
楽しんでいただいている様で嬉しい限りです

竹下氏のサイトはほぼ毎日見ていますので
そのコトも知っています
私としては”あまガミ”も好きなので複雑な心境です
ただ”あまガミ”の方が先に連載開始した訳だし
竹下氏としてもケジメとして苦渋の決断だっただろう
というコトも理解できますので
残念ではありますが再開を待ちたいと思っています
URL 【 2008/11/12 05:31 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。