い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/11/07(金) 23:00 ヤンアニ嵐
特に書くコトもないので、早速本題へと突入します。


という訳で本日は「ヤングアニマル嵐」No.12の感想を。



[ナナとカオル]
コラージュというカタチでナナの○首を出すとは、巧いやり方ですね!
そして、ソコから派生し、カオルのエロ本を見て、想像しながら自分の写真を当てはめてドキドキしているナナがエロスですねー。

とはいえ、今回はまだ新シリーズの序章にすぎない!
自分のエロ姿を想像し、ドキドキしている姿をカオルに目撃されてしまったナナが、次回どんなエロスな目に遭うのかが今から楽しみですよ。
柱によると撮影会とのコトなので、遂に写真という、後に残るプレイになってしまうみたいなのだが、そのあたりが今後にどう影響してくるのかも含めて楽しみですね。

そして待望の単行本1巻が11/28に発売予定。
コレはヒットする!話題になる!
今から目をつけておいて損はないですよ!


[信長の忍び]
戦国武将をモチーフにした4コママンガって、既に飽和状態だと思うのだが…
とりたてて面白いとも思わないし。


[オレたま ~オレが地球を救うって!?~]
残り4日だというのに、美奈与と同棲生活に突入してしまって大丈夫なのか?
初日からコレでは思いやられるのだが…

っていうか、エリスの所為で出て行きにくい状況になってしまった気がするのだが。


[トランスLOVE]
たべ・こーじ氏の読みきりです。
ムチムチ系なおねーさまを描かせたら一線級の実力作家です。
青年誌にあわせて、エロ度も控えめで、イイ感じですね。

しかし、この終わり方…
どーみても続きがある終わり方ですよねー。
何というか、連載1回目のラストじゃないですか。
人気が出て、再び執筆するコトになっても大丈夫って感じですか?


[Gがセ界を統べるまで]
Gがセ界を統べてしまったので、次号で最終回らしい。
まぁ、まだ日本一にはなっていないし、今年なるかどうかは解らない訳だし(コレを書いている時点では3勝2敗で巨人が王手)、今年日本一にならなかったらまだ続けて欲しいとは思うのだが。


[ガブメント]
あぁ、ピンチは貞操の方だった。
しかし、何かの動物が狙っているみたいだし、寸でのトコロで助かる→貞操から一転、命のピンチ→ポプラが助けに!
っていう流れですかね?


[ふたりエッチ]
まだまだ続くよ、るいのターン。

しかし、高校生にもなってスカートめくりはどうかと思うぞ、村西よ…


[かの女は忍具ムスメ!]
何か時代劇版の玲奈は妙に積極的じゃないか?
いや、素直というべきか?
現代版よりもカワイク見えるとはコレ如何に?

殺裏香がいやに似合いすぎている…
正に天職だろ…


[えっちの神様!]
元院主の名前が妙にヤバいと思う私は、頭がどーにかなっているのだろうか?

秋平が元院主に入っているのかと思ったが、どうやら違うみたいですね。
一体アレは誰なんだろうか?
そして清香との関係は?


[恋花温泉]
秋山のセリフ(「僕は(メイドが)好き」「ツインテールが結構好き」)から推察されるコト。
つまり野乃花のツインテールメイドコスフラグだと、そういうコトかね?
メイドプレイですか?
楽しみですね!

そして瑠梨香がSに目覚めてしまった。
本番まだなのに、スキルばっかりアップしていくのはどうなんだ、と。

…処女で淫乱という、ある種の方々にとっての理想が瑠梨香だと思うのだが、どうか?


[素人AV女優]
当ブログが健全路線というのは周知の事実だと思うのですが、タイトルを書きたくないマンガですね。
健全路線のハズが、ソッチ系のワードで引っかかるようなコトになってしまっては一大事ですからね…

哲は、パッケージではバレないというのを自ら証明したようなモノではないのか?
夏希が持っていたサンプルは志保のような気もするし…
その辺りどうなんだろうね?


[後藤羽矢子の裁判びゅー日記]
どこの国かは忘れたが(フランスだったかな?)、酒を飲んで泥酔したまま街中を歩くと罪に問われる国があるらしい。
理由は街の景観を損ねるかららしいのですが、日本でもそうすればいいのに。

飲み屋で働いていながら酒を飲まないのはキビシイと思う。
理由は酒の味なんかを客に聞かれた場合の対応に困るからだ。


[ミゼラぶる!]
このマンガを読んだ人間に反応は2種類に分けられる。
純粋に笑うか、あまりの内容にいたたまれなくなるか、だ。

…例外的な第3の選択として、内容のつまらなさに鼻で笑うが挙げられるが。


[パンダ漬け]
パンダがあまりにも俊敏すぎて笑う。

そしてデリンジャーの説明は詳しいのに、ICBMの説明の手抜き加減に再び笑う。


[アニマル嵐株式会社]
何か最終回。
まぁ、次号からは別企画の読者ページが始まるらしいので問題はないのかな。
「真夜中の…」シリーズが地味に好きだったのだが。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングチャンピオン烈」Vol.15感想 ”釣り屋 ナガレ”第14話「養老川のアユ3」
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。