い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2019/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/01
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2008/11/08(土) 21:35 ヤンチャン烈
何とか発売後一ヶ月以内に更新が出来ました。
まぁ、本来なら一週間以内が望ましいのでしょうが、今回はゲームをやり込みすぎました…
お詫びはすれども反省はしません。
つまりはカタチのみの謝罪です。
万が一待っていてくださった方、申し訳ありません。


という訳で本日は「ヤングチャンピオン烈」Vol.15の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想
Vol.4感想
Vol.5感想
Vol.6感想
Vol.7感想
Vol.8感想
Vol.9感想
Vol.10感想
Vol.11感想
Vol.12感想
Vol.13感想
Vol.14感想


[放課後は桃色時間]
中田じゃないケド、青木さんはイイねぇ。
まぁでも、流石に見せ付けるのまではヤリすぎな気もするが。
せめてキスぐらいまでだったらねぇ。

途中までは渡瀬のコトを想っている女の子の仕業なのかとも思ったが、流石にソレはなかったか。
まぁ、その場合だったらターゲットは青木さんになるのかもしれんが。

そして次号も登場の上、今回よりも過激になるとか。
楽しみすぎる!


[SCHOOL MATE]
このマンガにおいて、最大のポイントはあさひさんの気持ちだよなぁ。
未だにその部分は明かされていない訳だし、ソレ如何によっては物語の内容が大きく変わるしなぁ。
ただまぁ、今のままだと、好意はあっても愛情ではないっていう感じなんだよなぁ。
男の扱いには長けてはいそうではあるが。

そしてやってくる人工呼吸イベント。
珠樹は応急処置の心得はあるのだろうか?
ヘタにやるとかえって危険な状態になりますよ。


[お気に召すままご主人サマ]
なーんかいろんな謎ばっかり残して去っていったなぁ。
護衛メイドが、言葉のまんまの意味するトコロであるならば、リンにとっての天職とも言えるとは思うのだが、護衛がメイドのカッコウをする意味は解らない。

壁の穴にハマったリンのケツはエロスだった。
リンはこの体勢なら安全と言っていたが、そのまま続けていたら壁がなくなっていた可能性は高いと思うのだが、どうか。


[ひめごと]
何か連載が決まったらしい。
この内容で連載するのはキビしいと思うので、別のマンガでの連載をやって欲しいトコロではあるのだが…
連載になったら、物の具の数が増えていったりするのだろうか?

ソレはソレとして。
足舐めのシーンのエロさは認めよう。
うん、アレはエロいですよ?


[恋愛そんぽ!]
何かこのマンガ、ココにきてイキオイで読ませるマンガになった気がしないでもない。
バカ展開で、笑うべきシーンであるのに、キスで帳消しにされてしまっている。

彩女が蓬田を追っていったのは、エリカの為だと思いたいが…
サトや滝にはなくても、彩女には追う理由があるのだ!


[7代目のとまり!]
3○エンドになるかと思っていたのだが、とまりの方で落ち着きましたね。
しかし、とまりは何で生き返った?のだろうか。
5時台だったからまだ呪いが発動していなかったのかな?

呪いが7代目で終わるというコトは即ち、呪いがなくなった8代目がいるというコトなのか。


[獣臣蔵]
脇キャラがポンポン死んでいく…
忠臣蔵がベースになっているとはいえ、流石に47人も描くのは不可能と判断したか…?
コレまで登場した名有りのキャラは皆無事みたいではあるが。

後、勝震太郎がいい感じに狂っていて笑った。


[キンクロ]
萌えるかどうかは別にして…
明らかに競馬のマンガじゃないのに、競馬マンガを名乗るのはやめておきなさい。
馬と言い張る女の子を走らせて、ソレを競馬だと言ってのけるマンガだろう。

競馬だったら、馬を単独で走らせないで、騎手をのっけて走らせなさい。
そしてレース終盤は鞭打ちの応酬ですよ。
公開SMレースですよ!
うん、その方向だったらもう少し評価を上げたのに…


最後に登場したのは新しい調教師ですかね?
うん、言葉の響きがヤバい。
明らかにヤバい。絵的にもヤバい。


[NIGHTMARE MAKER (ナイトメアメーカー]
内田と灯明って両想いなのかね?
どちらかが少しダケ素直になれば全てが巧くいく様な気がしてきた。

灯明は現実を直視しているというよりも、何か半ば諦めているかの様な気がする。
今回、家庭事情の1部が明らかになったが、その辺りに原因があるのだろうか?

それから。
茅野先生の出番をもっと増やして欲しい。
コレは切実な願い。


[まじらぼ]
怪しげな新キャラが出てきた…
既存キャラすらやりつくしていないというのに。
このキャラが出てきたコトによって、既存キャラも巧くまわるようになるとも思えないし…


[ごすこん]
やはり服の問題は付いてまわるみたいだな。
まぁ、デビュー戦でその問題が表面化するのかどうかは解らないけれども、こうした解り易い弱点を提示しておくコトによって、試合に常に緊張感を持たせられるという意味では巧い設定だと思う。

相手にしてみれば1発逆転要素な訳で、コチラが有利な試合運びでも、ちょっとした拍子で逆転負けがありうるというのは使いようによっては見ている者にとっては面白い展開が期待できるというコトだ。
デビュー戦ではその辺りの描写に期待したい。


[EVILIVE ~イビリブ~]
姿は戻れど力は戻らず。
コレは解放者である志貴が瀕死であるからなのだろうか?
単に開放に失敗した為なのだろうか?
そのあたり、どうなのかな?


[ヴォイニッチホテル]
相変わらず訳のわからない方面でトバしてますなぁ。
っていうか、今回の話が、このマンガにおいて何の意味を持つのかは…
って、そういうコトはあまり考えない方がいいのか。このマンガにあっては。

連作としてというよりも、単に読みきりだと思って読んだ方が楽しめるしねぇ…


[庭師に花束を]
病院のシーンで外枠が黒塗りになったのを見て、妄想か思った。
もしくは「手術終わったら」の死亡フラグと併せて、過去の思い起こしかと。

だが、最後の展開のみでは、本当にお嬢様の妄想だという可能性も否定できず。


後、1番重要なコトだが、絵が好みではないので、エロシーンが長く感じられる。
見回りの時の、布団に隠れているシーンのみは、シチュ的にエロさを認めるが。


[次回予告]
中田ゆみ氏が新連載で登場。
コイツは楽しみだ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”おじいちゃんは少年探偵”4巻 「ヤングアニマル嵐」No.12感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する