い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2017/03
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/11/13(木) 12:14 その他のマンガ
人気がある為か、またしてもカラーで登場です。
もう本格的に「スーパージャンプ」で連載開始してもいいんじゃないかと思うのですが、どうなんだろうか?
本格連載なら長編も可能だし…
まぁ、この雑誌におけるオイロケ枠が1つ減らないと難しいのかもしれない。
あえて何とは言いませんが、アレなんかなくなってもいいんじゃないのかな?


という訳で本日は「スーパージャンプ」No.23掲載の”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”12話のレビューを。


[感想バックナンバー]
8月号(2007年)
11月号(2007年)
2月号(2008年)
6月号(2008年)
8月号(2008年)
9月号(2008年)

”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第3話(前半部分)
後半部分は…。当ブログではノータッチで。
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第5話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第8話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第10話
”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”第11話

単行本1巻紹介


[ストーリーと感想とか]
さて、いつもなら何かの霊障にあったゲストが、いずなおねーさんに招かれるのが定番の導入パターンなのですが、今回は違います。
駅で通りすがりのサラリーマンにぶつかられ、階段を転げ落ちてしまういずな。
サラリーマンはそのまま逃げてしまいました。

DSC07290.jpg
カラーでパンチラ

こういうマナーのなっていないアホほど霊にとり憑かれればいいのにと思います。
だが、マナーのなっていないアホばかりではありません。
転んでしまったいずなを助けてくれる、心優しい人もちゃんと存在します。

DSC07291.jpg
助けられる

大半の人間が我関せずとばかりに一瞥する程度の中にあって、実によく出来た女性です。
こういう人はかなり貴重です。

さてこの女性。
名前を理佐といい、看護婦さんだそうです。あ、今は看護師っていうんでしたっけ。
看護師っていうのは、何かこう、響きにトキメキが感じられなくてキライです。
私としては看護婦の方がいいです。
とはいっても、私は別に看護婦スキーではありませんが。

さらにこの理佐さん。

DSC07292.jpg
新婚ホヤホヤ

何と結婚したての新婚さん。
新婚旅行から帰ってきたばかりで、何と今日が新婚生活初日らしいです。
そりゃもう、ドッキドキですね。
あまりの幸せそうな様子に、いずなも羨ましがっていました。

えー、という訳で今回のゲストはこの理佐さんです。
この理佐さんがどんな霊障にあってしまうのかと思ったら。

DSC07293.jpg
トラック直撃

いずなと別れた直後にトラックが突っ込んできて、そのままお亡くなりになってしまいました。

というのが、今回の話の半年前の話です。
それから半年経った今でも、その場に理佐さんは立っていました。

DSC07294.jpg
理佐さん

そうです。
今回のゲストは霊障にあった訳ではなく、自らが幽霊なのです。
いずなは霊感が強く、普段から自縛霊や浮遊霊などを視るコトが多く、特に気にするコトはないのですが、今回は話が違います。
何といっても死の直前に自分が関わっていたのですから、ムリもありません。
本来ならば、自縛霊などには関わらないコトにしているいずなですが、今回は流石に声をかけてしまいました。

DSC07295.jpg
声をかける

死してなお霊になっているからには、何らかの未練がある訳で。
その未練というのは、当然のコトながら、新婚生活がおくれなかったコトな訳で。

そこでいずなは、自分の身体を理佐さんに貸すコトにした。

DSC07296.jpg
口寄せ

口寄せとは、イタコの使う降霊術。
霊を自分の身体に憑依させる術である。
コレでいずなの身体を理佐に貸し、1日ダケ新婚生活をおくらせてあげようというのだった。

生身の身体を得た理佐さんは、喜びいさんで相手のもとに一直線。

DSC07297.jpg
結婚相手

中身は理佐さんではあるが、外見はいずなのまま。
流石に直ぐには信じてはもらえなかった。
だが、2人しか知らないハズのコトを何個も言い当てる理佐さんを前に、兼次も次第に信じるようになってきた。

DSC07298.jpg
1番のお気に入りの服らしい

そして極めつけはプロポーズの言葉を知っていたコトだった。
半信半疑ではあるが、話し方のクセや、しぐさなんかが同じのいずなを前にして、本当に理佐さんが生き返ったかのような錯覚を覚える兼次。

そして、新婚生活を満喫する理佐さん。

DSC07299.jpg
新婚の定番らしい

裸エプロンをやらかしてみたり。


DSC07300.jpg
新婚の定番Part.2

一緒にお風呂に入ろうとしてみたり。




……

新婚生活ってこんななのか?
何か微妙に違う様な…

そして、身体を提供したいずなは、ひどく迷惑するのだった。


そして、そろそろ時間切れ。
長い時間霊に身体を貸すと、いずな自身どうなるのか解らない。
そして最後の時が近づく。

そして理佐さんの最後の願いは。

DSC07301.jpg
最後の願い…?



……

うわー。
いずな、今までとは別の意味でエロピンチ。
エロピンチっていうか、まんまストレートに貞操の危機。
いずな、まさか、このまま破られてしまうのか?
いずなの貞操の行方と、このカップルの結末はご自分の目でお確かめください。


えー、という訳で、今回のいずなはエロピンチではありませんでした。
いや、もう、ちょっとストレートすぎるだろ…
扉ページからしてトバしまくっていましたからね。
うん、あの下乳は素晴らしい。
いずなの新婚生活疑似体験も素晴らしい。

フリフリ衣装に裸エプロンにバスローブにと、普段のいずなでは絶対に見られないコスプレの嵐ですからね。
しかし何といっても良かったのは、理佐さんが暴走?する度に、真っ赤になって必死に止めようとしているいずななんですけれども。
「やめろ~~」「やめてよ~~」「バカ~~」
うん、今回のいずなは妙にカワイかった。


さて次回の登場は「スーパージャンプ」No.1(12/10発売予定)に掲載予定だそうだ。
実に楽しみですね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”釣り屋 ナガレ”第15話「ヒラメの憂鬱」 ”美少女いんぱら!”第58話
コメント一覧
いずなは新軸に引っ越したのは1年前でその当時は高1だから今は高2だと思います
URL 【 2011/03/11 20:43 】 編集
名無しG
>sさんコメント有難うございます
私はそういう設定はあまり憶えていないのです
URL 【 2011/03/20 06:09 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。