い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/11/14(金) 05:00 その他のマンガ
とりあえずツミ本もおちついてきたので、少しずつゲームを再開。
もう4周目なのでゆっくりススめるコトにした。
どうせやるコトといったら、最後のチャート埋めな訳だし、資金&PP&BSは余りまくりだし。
しかし、久々にランドの機体を使ってみると、やっぱり使いづらいと感じるなぁ…


さて本日は”釣り屋 ナガレ”第15話のレビューを。


[感想バックナンバー]
読みきり版

第1話「釣り姫様」
第2話「ハゼに始まり」
第3話「ホームレス釣り屋」
第4話「天才釣り師」
第5話「ジェット噴射だ!!」
第6話「謎の捕食者(スキッドイーター)」
第7話「伊勢エギVSワラサヤエン」
第8話「決戦!!オオアカイカ」
第9話「イカ祭り!!」
第10話「少年たちの終わらない夜」
第11話「二人のスズキ」
第12話「養老川のアユ1」
第13話「養老川のアユ2」
第14話「養老川のアユ3」


[前回のあらすじ]
怜音の外伝はまだですか?


[今回のストーリー]
えーっと。
今回のストーリーね。




DSC07302.jpg
そして伝説へ!




以上。

うん、まぁ。
ココを読んで知っている方が大半だと思いますが、このマンガの休載が決定してしまいました。
という訳で今回のレビューはお終いです。



さて冗談はおいておきまして。
前回でアユ釣り編が終了し、今回は海釣りに戻ってきました。

雑誌の釣果記事を片手に釣りをする男が1人。

DSC07303.jpg
雑誌に影響されている

この男。
どうやら大物を釣り上げたいらしく、雑誌やネットで大物を釣ったという記事を読む度に、釣りにきている様です。
しかし釣果は上がらず。

DSC07304.jpg
記事を疑う

遂には、記事に書いてあるコトはデッチ上げなのではないかと疑うに至る。
だが、それでも男はルアーを投げ続けた。

そして今日もまた、ルアーを投げていると、10月だというのに海に潜っている男に出会った。

DSC07305.jpg
海水浴?

海水浴をするには明らかに時期はずれ。
何者なのかと訝しがっていると、その男は、自分は釣り屋だと名乗った。

DSC07306.jpg
釣り屋

釣り屋という言葉に、からかわれたのかと思い、冗談半分でヒラメの釣場を聞く男。
すると思いもかけない言葉が返ってきた。

DSC07307.jpg
要するにヘタ

その男が水中で見たトコロによると、ルアーが浮いていたらしい。
ヒラメは海の底の方にいる魚なので、ルアーが浮いてしまっていては釣れるハズはなかった。
ココに至って、男はようやく自分の釣りの腕がヘタであるコトに気がついたのだった。


という訳で釣り屋・氷馬の出番です。
有料ではありますが、ヒラメを釣らせるコトを約束するのだった。

DSC07308.jpg
今回の仕掛け

実はこの仕掛けはヒラメ用の仕掛けではありません。
この仕掛けでアジかイワシを釣り上げ、ソレをエサにするコトでヒラメを釣り上げようという作戦です。
要するに男のルアーの腕ではヒラメは釣れないというコトですね。

さてこの男。
ルアーの腕はイマイチでしたが、昔から釣りをしていたようでアジくらいなら釣ったコトがあるらしい。
ただ、アジを釣っても面白くないと思っており、ま、要するに大物を釣り上げたいってコトなんですけれどもね。
そうこうしているうちにアジだかイワシだかがかかりました。

DSC07309.jpg
小物がかかる

ひきが小さいコトにガッカリしつつも、久々の釣り上げたという感触にひたる男。
しかし、そのひきが唐突に大きくなる!

DSC07310.jpg
ひきが大きくなる

釣れた魚に、別の魚が食いつく。
大名釣りですね。
このマンガでも5話でお嬢様がアオリイカを釣り上げた際に、オオアカイカが食いつくというコトがありました。

今回は最初に釣ったアジかイワシに何かが食いついた、と。
氷馬の見立てでは、横にはしらないコトからヒラメではないかというコトでした。
だが、今回はアジやイワシを釣る為の細い糸を使用している為、ヒラメの歯では噛み切られる可能性が高いと思われました。
そして事実、大物がかかって直ぐに仕掛けがバレてしまいました。

DSC07311.jpg
逃げられた?

そう巧くはいかないかと諦めかかった時。

DSC07312.jpg
まだだ。まだ終わらんよ…

まだひいていました。
仕掛けはとっくにバレたのに、何故!?
そしてこの魚の正体とは!?

結末はご自分の目でお確かめください。

という辺りで、次号に…
あ、いや、間違えました。
再開予定は3月頃だそうです。


[感想とか]
という訳でこの物語はココで一旦休載に入ります。
休載のお知らせページでは何だかんだ書いてありますが、休載の真相は他社の雑誌での連載の為であり、取材にいっている暇があるのなら他誌の作品を描いてくださいよ状態ですよ。

他誌での連載を優先させて、この作品を休載するとは何だ!と思う人もいるかと思います。
週刊と月刊で両方同時連載をしている作家も多々いるのに情けないと思う人もいるかもしれません。
ただ、私としては竹下氏が批判を覚悟の上でこの休載に踏み切ったというのも理解できるんですよね。
そして、同時連載が不可能であるならば、ムリはして欲しくないという思いもあります。
別に擁護をする訳ではありませんが、他誌での作品の方が先に連載を開始していた訳だし、今回唐突に休刊状態だった元季刊誌が月刊誌になってしまったという事情もある訳だし…
私としてはそちらの作品も好きな作品である訳だし。

まぁ、”かるた”の再開を1年以上も待ち続けている身としては、来年の3月くらいに再開が決まっているというのは、ある意味で安心できるんですよ。
ただ、そもそも竹下氏の作品には何度も裏切られているのが心配ではあるのですが…
(「週刊ヤングサンデー」で連載していたアレとか「ヤングアニマル」で連載していたアレとか某エロマンガとか、挙げればキリがない)
そんな訳ですので、再開を心待ちにしています、というコトです。

正直な話、再開後は隔週で”かるた”と”釣り屋 ナガレ”を同時連載してくれないかなーとか思っているんですよね。
前は月刊誌と週刊誌での同時連載が理想と思っていましたが、ソレは不可能みたいなので、同時連載ならばコレがベストかな、と。


あぁ、ちなみに。
12/30に某所に新刊ひっさげて参加していたら、その時は完全に批判する側にまわります。というコトは明記しておきます。
まぁ、そんなコトはないとは思いますが、念の為。


あ、気がついたら今回の話の感想をまるで書いていませんが、ヒロインが登場しなかったのでどーでもいいや。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:3   トラックバック:0
嬉しい出来事Part.16 ”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”12話
コメント一覧
@音三昧
はじめまして^^
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^ 応援ポチッ!!
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね♪
URL 【 2008/11/14 17:52 】 編集
いくろう
>正直な話、再開後は隔週で”かるた”と”釣り屋 ナガレ”を同時連載してくれないかなーとか思っているんですよね。

あー、それは理想的です。できるならぜひ実現して欲しい。
“ナガレ”で竹下作品の面白さが読者に浸透したら、編集長も惜しんだという“かるた”の復活もあるいは、と望みを持ちたいです。
(個人的には、“かるた”ってアニメの“バンブーブレード”と共に“萌え”と“燃え”を両立させた傑作だと思ってます。と言いつつバンブーの原作はあまり読んでないけど)

>12/30に某所に新刊ひっさげて参加していたら、その時は完全に批判する側にまわります。というコトは明記しておきます。
うーん、多少の余裕を持って“あまガミ”の方を執筆してほしいですが、新刊出せちゃうくらいというのは、さすがにまずいですか。

余裕があったら毎月1回1ページくらい「お嬢と砂原さんの近況絵日記」みたいのを掲載してほしいと思っとります。
URL 【 2008/11/16 03:18 】 編集
名無しG
>@音三昧さんコメント有難うございます
早速いってきました
コメントを残さなくて申し訳ありません


>いくろうさんコメント有難うございます
私としては”かるた”再開を望んでやまないのですが
この作品も終わって欲しくないので
同時連載が理想かなと

余裕を持つのは悪いコトではありませんし
参加するコト自体は批判したりはしません
ただ休載中に新刊を描くのはダメだと思います
今回の休載理由は納得できますが
休載中の同人誌作成には納得出来ません
とはいえ新刊出たら買うんだろうなぁ…
URL 【 2008/11/19 04:20 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。