い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/11/16(日) 23:00 コミックレビュー
野球のアジアシリーズは西武が優勝した。
韓国のチームに負けたときはどうなるかと思ったが、決勝に出たのは西武と台湾のチームだった。
今回、勝利数が同じ場合、失点率が少ない方が進出という方式だった為、日本は中国のチーム相手に苦労していたみたいだった。
中国チームに2点取られた時は本当にヤバかったんだな…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
GAMBLE FISH
秋田書店刊/原作:青山広美氏/作画:山根和俊氏


[作品概要]
名門校・獅子堂学園。
その学園に転入してきた白鷺杜夢。
彼はある目的を持ってこの学園にやってきた。
その目的とは、この学園を潰すコトらしい。
目的の為にギャンブル勝負を繰り広げる杜夢。
閉鎖されたエリート学園で狂気のギャンブル勝負が幕を開ける…


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介
6巻紹介
7巻紹介
8巻紹介


[ストーリーと感想とか]
さて前巻から始まっているエミリーとのギャンブル勝負、ビクトリー・フラッグ。
エミリーはチームメンバーにグリーンベレーを選ぶというトバしっぷり。
軍の特殊部隊を相手に中学生が太刀打ちできるハズもなく、次々と脱落していく杜夢チームのメンバー。
だが、舞台となった山には天狗が住んでおり、天狗の乱入が更なる混戦を呼ぶ!
杜夢は天狗の乱入を好機とみるが、グリーンベレーに洞窟に追い込まれてしまう!
完全にピンチ!
という辺りまででしたね。

DSC07316.jpg
行き止まり

後ろは行き止まり。前からは銃で武装しているグリーンベレー。
さて、この状況で、杜夢が見出した秘策とは!?

DSC07317.jpg
秘策…?

ボクと一緒に脱ぐんだ!!!

一緒に脱ぐんだ!

脱ぐんだ!


は!?
何を言っているんでしょうかね、杜夢は。
この状況で脱げって…

そして杜夢の迫力におされて、素直に脱ぎ始める美華さん。

DSC07318.jpg
中学生に見えな~~い!!

あー、解った。
コレはアレだな!?
つまり、美華さんの色仕掛けでこのピンチを脱出しよう、と。

うん、それじゃあ、ロリータコンピュータと同じじゃないか!
しかしコチラは美華さんだ。
中学生に見えない美華さんの色香なら、いかにグリーンベレーの精鋭とはいえ、陥落は確実だ、と。

うん、いや、まぁ。
そんな訳ないだろ!

という訳で、美華さんが脱ぐコトが、このピンチを切り抜ける手段とどう結びつくのかは、ご自分の目でお確かめください。


さてこうして美華さんの活躍?でこのピンチを切り抜けた杜夢達。
だが、ピンチの後にもピンチが待っていた。

DSC07319.jpg
エミリー参上

洞窟から抜け出したトコロをエミリーに見つかってしまったのだ。
さらに洞窟で出し抜いた隊員も合流し、今度こそ完全にお終いかと思われた矢先。

DSC07320.jpg
天狗が現れる

何とその場を天狗が急襲。
銃で武装しているからか、グリーンベレーの方を襲い始める天狗。
ソレを見て、天狗は杜夢が雇った刺客だと認識するエミリー。

そして。
グリーンベレーと天狗の死闘が幕を開ける。

DSC07321.jpg
天狗対エミリー

天狗の身体能力は、人間のソレとは思えないほどに卓越していた。
銃で武装するグリーンベレーをものともせずに倒していく天狗。
だが、天狗の強さが、エミリーの眠れる能力を覚醒させてしまう。

DSC07322.jpg
エミリーの能力

虹のように輝く瞳。
ドーン一族の秘められし能力、「夜明けの虹(ドーン・ボウ)」。
その能力は、見た者を操るコトの出来る強力な催眠効果を伴う瞳。

DSC07323.jpg
催眠能力

この出来事は、全て阿鼻谷の策のうちだった。
エミリーを日本に呼び寄せ杜夢に会わせたのも、エミリーが杜夢を憎むように仕向けたのも、エミリーをあおってサバイバルゲームをやらせたのも、全ては阿鼻谷の掌の上。
阿鼻谷の目的は、サバイバルゲームでエミリーを命の危機に陥れ、夜明けの虹が覚醒するのを待っていたのだ。
杜夢とエミリーのギャンブルの裏で行われていた阿鼻谷のギャンブル。
この時点で阿鼻谷はこのギャンブルに1人勝ちだった…

というのは、今の杜夢達では知る由もない。


さて、夜明けの虹を覚醒させたエミリーに敵はなし!

DSC07324.jpg
天狗、敗北?

相手が人でさえあれば、見るダケで従わせられるのだから、天狗であっても例外ではない。
この場合、天狗は通称であって、その正体はまぎれもない人間なのだから。

だが、あくまでもその効力は人間限定である。
人間以外の生物には効かない。
エミリーの隙を見て、野犬の群れを呼び寄せ、そのまま逃走する天狗。
そして、天狗が逃走する隙を突いて、同じく逃走する杜夢達。


さて、その後イロイロとありまして。
イロイロの部分は例によってご自分の目で確かめていただくとして。
美華さんが天狗に連れ去られてしまう。

DSC07325.jpg
美華さんと天狗

美華さんと天狗の因縁とは!?
そして美華さん、本格的に貞操の危機!?

そして。
美華さんを救いにきた杜夢は、天狗を倒すコトを強いられる!

DSC07326.jpg
決意

詳しくは省きますが、天狗を倒さない限り、美華さんを救えない状況になってしまうのだった。
グリーンベレーが束になっても敵わなかった天狗を相手に、一介の中学生にすぎない杜夢はどう戦うのか!?

結末はご自分の目でお確かめください。


さて、どーにかこーにか天狗を倒した杜夢は、美華さんをリタイアさせ、本来のゲームであるビクトリー・フラッグ勝利の為にエミリーと最後の勝負に挑みます。

DSC07327.jpg
最終決戦地

ザクロ岩の頂上にフラッグを立てれば杜夢の勝ち。
出来なければエミリーの勝ち。

杜夢がザクロ岩のふもとにたどり着いた時、エミリーは既に頂上で待機していた。

DSC07328.jpg
ラスボス

夜明けの虹を覚醒させ、近づけば操られてしまう。
だが、フラッグを立てるには近づかねばならない。

そして最後の勝負が幕を開ける!
といった辺りで次巻へと続く。




……

えーっと…
前巻の感想でも書いたと思うのだが、このマンガってギャンブルマンガですよね?
ギャンブルマンガですよね!?

天狗とか夜明けの虹とか、もう完全に別マンガだろ…
見るダケで催眠状態に陥らせるって…
どんなバトルマンガだよ!
どんな能力マンガだよ!
って感じですがな。


そして、この巻では、美華さんが大活躍。
大活躍というか、ココにきてとーとつにヒロインヅラしているんですが。
何なの?
ねぇ、何なの?
このマンガのヒロインは全裸マジシャンたる月夜野じゃなかったのか?
しかも、その月夜野のお株を奪うかの様に、美華さんの全裸率が高すぎる。
洞窟で全裸になり、杜夢との1夜で全裸になり、天狗との1夜でも全裸になり…

そして天狗との決戦に挑む杜夢に向かって、何か口走りましたが、ソレはまぁ、聞かなかったコトにしておいてあげますよ。

で?
ゆっくりと…、何?


最後に。
この巻での美華さんのヒロインっぷりをご紹介。

DSC07329.jpg
自分を庇ってケガをした杜夢を前にして


DSC07330.jpg
天狗との決戦に臨む杜夢を前にして


DSC07331.jpg
エミリーとの決戦に赴く杜夢に対して




……

…完全にヒロインだな、コレ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
週間マンガ感想第29回 嬉しい出来事Part.16
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。