い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/11/28(金) 23:19 コミックレビュー
朝起きたら喉が痛かった。
どうやら風邪をひいたみたいだ…
熱がないのが救いだが。
ちょうど今日は休みだったので、マンガを読みつつ、静かにすごす…

…って、いつもとあまり変わらないな。
マンガを買いに外に出たりもしたし。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ナナとカオル
白泉社刊/甘詰留太氏


[あらすじ]
杉村薫(すぎむら・かおる)、17歳。
千草奈々(ちぐさ・なな)、同い年。
2人は、家が隣同士(厳密にはアパートの隣の部屋)の、所謂幼馴染だ。
高校に入ってからは微妙な関係が続いていた。

さて、薫にはヒミツのシュミがあった。
SMの妄想である。
妄想にとどまらず、そのテのグッズもかなり保有しているのだった。
当然、そのグッズが正しく使用されるコトはなかった。相手がいないからだ。

そんなある日、ヒョンなコトから奈々の手にボンデージ衣装が渡ってしまう。
興味本位からその衣装を着てしまった奈々であったが、何とカギがかかっており、脱げなくなってしまったのだ。
そして、奈々は薫に助けを求める。
薫は、カギを渡す代償として、ボンデージを着た奈々をジックリ見たいと言い出し…?


[内容補足と感想とか]
杉村薫(すぎむら・かおる)と千草奈々(ちぐさ・なな)。
家が隣同士で、親同士の仲が良かったコトから、小学校からの腐れ縁。

DSC07416.jpg
登校中

高校も同じトコロに進学。
だが、成績がよく、生徒会副会長で学校内でも人気が高い奈々と違い、成績が悪く、学校内でも評判の悪い薫は、奈々に対して恋心とコンプレックスを同時に持っていた。

そんな薫の隠れたシュミはSMである。

DSC07417.jpg
SMがシュミ

そのテのグッズも多数保有しているが、当然の如く正しく使う相手はいない。
もっぱら奈々に使っているトコロを妄想する日々。
ボンデージ衣装も奈々のサイズに合わせたモノを購入した。

さて、その使用されるコトのないと思われたボンデージ衣装。
何とヒョンなコトから奈々の手に渡ってしまう。

DSC07418.jpg
本人の手に!

さてこの奈々。
興味本位でこの服を着てしまうのだった。

DSC07419.jpg
着てしまった

何で着てしまったのかは、ご自分の目で確かめて欲しい。
このマンガ、帯に「甘詰の本気はエロいよ…」と表記されており、実際にエロいのですが、奈々がボンデージ衣装を前にして着るかどうか悩んでいるシーンからしてエロい訳で。
この辺りからしてホンキ度がうかがいしれます。

さてこの服。
カギが付いているのが解るかと思いますが、奈々が手にしたのは服のみ。
カギは付いてはいなかった。
だからカギがかかってしまうと、脱げなくなってしまうのだ。
そして、ソコはお約束。
手違いでカギがかかってしまうのだった。

カギがなくては脱げない。
しかしカギはない。
カギを持っているのは薫だった。
どうしようもなくなった奈々は、正直に薫に話すコトにしたのだった。

DSC07420.jpg
話す

カギを持っているのは薫ダケ。
奈々にとって頼れるのは薫ダケ。
その状況が、普段はコンプレックスを抱いている薫を強気にさせる。

DSC07421.jpg
強気

薫は、カギを渡す条件として、ボンデージ衣装を着た奈々の姿をジックリ見たいと言い出すのだった。

薫の葛藤。
こんな弱みに付け込んでいいのか?
だが、こんなチャンスはもうないだろう。
そんな葛藤。
だが勝ったのは、このままならば押し切れるという欲望の方だった。
奈々は、見せるダケ、という条件で、ソレをのむのだった。のむしかなかった。

DSC07422.jpg
見せる

視姦。
視るコトによって相手を辱める行為。
そんな行為が、今、開幕する!

ボンデージ衣装を着た奈々をジックリネットリ嘗め回すように視姦する薫。
そして、恥ずかしがりながらも、次第に不思議な感覚に襲われる奈々。
薫に視られているコトに、快楽を、快感を感じてきているのだった。

そして2人の興奮が頂点に達した時、薫はさらにチョーシにのるのだった。

DSC07423.jpg
触れる

視るダケという約束を破って、奈々に触れてしまったのだ。
絶対に拒絶されると思った薫であったが、意外にも奈々は拒絶するコトはなかった。
そしてそのまま、触姦プレイへと突入する訳ですが、ふとしたキッカケで奈々が我に返ってしまい、その日のプレイは終了となってしまうのだった。


その日以来、前にも増して微妙な関係になってしまう2人。
特に薫は、自分がチョーシにのりすぎたコトを後悔しており、奈々と合わせる顔がなく、基本的に避けるようになっていたのだった。
ところが、奈々から思いもかけないお願いをされるのだった。

DSC07424.jpg
お願い

その提案とは、この前みたいにドキドキする様な体験をさせて欲しいというコトだった。
何でも、成績やら生徒会の仕事やらで悩んでいたらしいのだが、例の体験をしたら悩みが吹き飛んだというコトらしい。
つまり、あのドキドキ体験は、丁度良い息抜きになった、というコトらしいのだ。
そこで、今後も定期的に、その息抜きを手伝って欲しいというのだ。

こうして、2人っきりのヒミツの息抜きタイムが始まったのだった。


ある時は、遅くなった下校時間を利用して、首輪散歩プレイをやってみたり。

DSC07425.jpg
首輪散歩

さらには、野外放尿プレイなんかもうやってみたり。

DSC07426.jpg
条例違反じゃないのかね?

そして。
SMといったらコレでしょう!
と思えるくらいのプレイが登場します。
緊縛です。

DSC07427.jpg
緊縛プレイ

さて、この緊縛プレイ。
当然のコトながら家の中でやっていたのですが、ココで事件が発生。
夜も遅いというのに、奈々の友人が突然やってきて、そのまま奈々を外に連れ出してしまったのだ!

DSC07428.jpg
外出

コートを着て隠してはいますが、コートの下は縄で縛られたままです。
こんな状態で外に出てしまって大丈夫なのか!?
奈々はどうなってしまうのか!?
そして薫は助けるコトが出来るのか!?

といった辺りで次巻へと続く。


えー、という訳で、上の方でも書きましたが、帯にある「甘詰の本気はエロいよ…」の文句にウソ偽りはありません!
本当にエロいです。
そもそもこのマンガ、現時点では裸すら出てきていません。
SMプレイは複数出てきてはいますが、本番はおろか、裸すらも描かれていないのです。
にもかかわらず、です。
エロいんです。本当にエロス満点なのです。

では何がエロいのか?
完全に個人的な見解になりますが、1つ1つのプレイを丁寧すぎるほど丁寧に、ジックリとネットリと描いているトコロにあるのではないかと思うのです。

例えば視姦の話では、ボンデージ衣装を着ている奈々を視ている、というダケのシーンなのですが、その視ているというダケのシーンにものスゴくページを費やしていたりするのです。
そのシーンでは奈々と薫の心情のみが描かれる訳ですが、心情が描かれているダケで、声に出しているセリフはほとんどないんですよ。
つまり、そのシーンは基本的に静寂が支配している。
静寂が支配する密室空間に、エロいカッコウをした女の子と男が2人きり。
このシーンを想像してみてください。
解りますか?このマンガのエロさとは、そういうエロさなんです。

そしてもう1つ。
このマンガはSMマンガではありません。
本当にライトなSMプレイに興じている男女を描いた、ラブコメです。
単に告白してどうのこうのというステップをすっ飛ばして、SMプレイをやりながら信頼関係を築いている薫と奈々。
何かが間違っている気がしないでもないですが、間違いなくこのマンガはラブコメ。

緊縛の話になるのですが、奈々を縛る為の縄を用意する薫が、長い時間をかけて市販の縄をプレイ用の縄に仕上げる話があるんですね。
市販の縄は、そのままで使用すると、小さなケバがたっていたりして痛いんですね。
ソレを煮詰めたり、油を塗り込んだりといった手間隙かけて痛くないようにするんですよ。
そんなシーンが4ページほどかけて描かれる。
作者が、SMの縄はこうやって作るんですよ、と描きたくて描いたのかは解りませんが、私が思うに、これほどの手間をかけて作るのは、そこに愛があるからだ、というのを描きたかったのではないかと。
自分の為でもあるが、相手のコトを思いやるからこそ、そうした手間を惜しまずに出来る。
そこにあるのは愛。

だからこのマンガはラブコメなんです。
奈々の方にしたって、薫を信頼しているからこそ、プレイを受け入れる訳だしねぇ。
そこにあるのは愛と信頼。
過程は特殊ではあるが、ソコに存在するのは良質なラブコメです。ラブコメなんです。

このエロスと興奮を、アナタも読んで感じてみてください。
価格以上の価値が、このマンガにはあります!保証はしませんが。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:4   トラックバック:0
「ヤングキングアワーズ」1月号感想 ”美少女いんぱら!”第59話
コメント一覧
さいころ♂
買おうと思いつつ、まだ買えてない…orz
URL 【 2008/12/03 22:02 】 編集
名無しG
>さいころ♂さんコメント有難うございます
返事が遅れて申し訳ありません

もうご購入はされましたでしょうか?
迷っているならGOで問題ないかと思いますが…

絵が苦手でなければ楽しめますよ
URL 【 2008/12/10 05:27 】 編集
ルル
e-420e-420色付きの文字1と5と7巻持ってるけど、おもろいよー(n^^n)
7巻好き
URL 【 2011/12/30 19:33 】 編集
名無しG
>ルルさんコメント有難うございます
いやいや全部買いましょうよ!
7巻のレビューは…
スミマセン
いつになるのか解りません
URL 【 2011/12/31 03:22 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。