い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/12/26(金) 02:56 その他のマンガ
はい、という訳で続いて修学旅行編の後編に突入です。


という訳で本日は”美少女いんぱら!”第62話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話
41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話/50話
51話/52話/53話/54話/55話/56話/57話/58話/59話/60話
61話

単行本1巻紹介


さて今回やってきたのは有名な動物園。

DSC07635.jpg
動物園

シロクマやサイ等がいる動物園みたいですね。


さて動物園では、緋華ちゃんが弾馬先生と一緒に行動しています。

DSC07636.jpg
動物園にて

しかし、緋華ちゃんが言うには、弾馬先生はつまらなそうにしているみたい。
やはりアレか!?蒼ちゃんと一緒にいるほうが面白いのだろうか?

DSC07637.jpg
泣いてしまった…

弾馬先生には何のコトか解らずに、遂に緋華ちゃんが泣き出してしまった!
生徒を泣かせるとは最悪だな。
いや、その前に女の子を泣かせるコト自体が最低だがな。

だが、緋華ちゃんが泣いた理由は、やっぱり緋華ちゃんだった。

DSC07638.jpg
ライバル意識?

弾馬先生のセリフ「カピバラって飼ったら面白そう」。
このセリフに反応するとは…
何というかまぁ、緋華ちゃんと一緒に動物園に来たコト自体が間違っていたというしか。
何かもう、既に別世界の出来事みたいだ…


さて場面変わって。

DSC07639.jpg
アダルトな雰囲気

浅利先生と一緒に喫茶店に入った弾馬先生。
弾馬先生って、何だかんだいって、付き合いがいいというか人がいいというか。
浅利先生と一緒にいたらどうなるかくらい解りそうなモノなのだが…

この喫茶店も、元彼との思い出の場所なのだという。
昔、愛について語り合ったのだとか。
何でも、愛とはガラスの様なモノだと、その彼氏が言ったらしい。

DSC07640.jpg
言い得て妙だな

その彼氏も、「あ、今オレ、巧いコト言っている」などと思っていたコトでしょう。
実に巧い言葉だ。
だが、実に残念なコトに浅利先生には伝わらなかったみたいだ。

DSC07641.jpg
言葉が出ない…

この状況でありながら、ガラスが割れた原因が前者(いいかげんに掴む)だと思っている辺りが実に怖い。
弾馬先生も毎度毎度、自分からヤッカイゴトに首を突っ込むのが好きなのかね?
浅利先生と一緒にいたらこうなるコトなど解りきっているのに…
まぁ、断ったら断ったで、余計にヤッカイなコトになるのか。


もうこうなったら酒を飲まずにはいられない!

DSC07642.jpg
弾馬先生、お疲れ

とばかりに、自由行動時間の最後にお酒を飲んでいたら、蒼ちゃんに見つかってしまいました。
飲まなきゃやっていられないというのは理解しますが…
せめて夜まで待てなかったのか、と。

さて蒼ちゃんですが、自由行動時間にオルゴール館に行ったらしく、ソコでオルゴールを手作りしたらしい。

DSC07643.jpg
オルゴール

そのオルゴールを弾馬先生にプレゼント。
いや~、女の子の手作りのオルゴールですか。
いいですね、実にいい。
怨念が籠められていそうなトコロが実にいい。
え?怨念などこもっていない?
バカだなぁ。
好きな人にプレゼントをしようと思って作ったモノには須らく怨念がこもるんだよ。
え?オチ?
うん、いや、思いつかなかった。ゴメン。


という訳で、北海道の夜は更けていくのだった…


[今回の萌えコマ]
さて今回の最萌えコマはコチラ。

DSC07644.jpg
ロマンティック?

蒼ちゃんがオルゴールに選んだ曲は「ムーン・リバー」。
今の雰囲気に実に良く似合う曲です。
恋人同士(じゃなが)が一緒に河を見て、その川面に月が映っていて…、と実にロマンティック。
そんな訳でこのコマを選んでみた。
まぁ、この後のオチは…。ご自分の目でお確かめくださいねネ、と。


という訳で修学旅行編は終わり…、なのかな?
一挙2話掲載といいつつも合計で8ページしかない辺りが実に悲しい。
まぁ、多くのページをとってもダレるダケの様な気もしますので、このくらいが丁度いいのか。
私のレビュー的にも、このくらいが丁度いいというのはここダケの話。

そして後半は蒼ちゃんの例のネタが炸裂しまくって、当ブログのレビュー的には実に残念な話だったなぁ、と。
毎度のコトなのだが、このマンガが面白ければ面白いほどレビュー範囲が狭まるというジレンマ。
だってねぇ、スーツケースが本当に活躍するとは…
思っていたけれども、本当に活躍する場面を見せられるとねぇ。
うん、実に面白かった。紹介できないのが残念です。
詳細はご自分の目でお確かめください。

浅利先生の元彼は北海道に住んでいるみたいなのだが、登場はしなかった。
登場に期待したんだがなぁ。
ソコは残念だった。
しかし、あの状態にあって、まだ愛が足りなかったと思えるとは…
流石は浅利先生だ。実に恐ろしい。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”戦国妖狐”1巻 ”美少女いんぱら!”第61話
コメント一覧
フジ・タク
はじめまして。

作って間もない我がブログへの訪問ありがとうございました。

よかったらブロともになってもらえないでしょうか?相互リンクもしてくれるとありがたいです。

ブロとも申請、改めてさせてもらいますので、よろしくお願いします。
URL 【 2008/12/28 07:32 】 編集
名無しG
>フジ・タクさんコメント有難うございます
ブロともは了承しておきました
相互リンクはブロとも一覧と兼任というコトでご了承ください

こちらこそお願いします
URL 【 2008/12/30 03:10 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。